「好きな人ができない!」発言をする女性に思う男性の本音先日、男友達からクレームが入りました。それは周囲の女性が「好きな人ができない!」と言い過ぎるというもの。でも、その原因は本人にあるのではないかと彼は言います。その理由とは何なのでしょうか。好きな人ができないと思い込んでいるそこのアナタ、必見です!

■ 好きな人ができない理由その1:過去の恋愛を引きずりすぎる

恋愛が人に与える影響はとても大きいです。恋には元気になれる恋もあれば、ストレスを抱える恋もあります。また、いいときと悪いときの波が大きく、私生活や体にも支障をきたす恋だってあるでしょう。

何より過去の恋愛は、どんな過程があったにせよ終わりを迎えたものです。それが2人にとって前向きな別れだとしても、「あのときこうすればよかった」「私に原因があったから」といったネガティブな発想が芽生えやすい状況と言えます。そうなると自分への評価も下がり、本来の魅力を発揮できないのはおろか、人に対し壁を作り、物事に対しても批判的、否定的になることから、さらに恋を遠ざけてしまうことになります。


また、過去の恋愛と比べ、その人以上に好きな人ができなければそれは恋ではないと勝手にルールを作っている人を時おり見受けます。しかし、過去、その人を好きになったのは、きっと一瞬の出来事ではなかったはず。たとえ一目惚れでも、その人と関わる時間の中で惹かれていったのだと思います。今を生きているのに過去にとらわれ好きな人を作れないというのは、何だかとっても残念ですよね。

■ 好きな人ができない理由その2:依存心が強い

依存心が好きな人ができない原因とどう関係あるのでしょうか。友人に尋ねてみました。

「仕事をやめたい、早く結婚したい、一人じゃイヤ、そんな理由で好きな人を探そうとしているから相手の条件ばかり見て心から惹かれる人に出会えないんだと思う」

なるほど。ダメ男への依存心が強いという話ではなく、依存できる対象を求めるがゆえに好きな人ができないという話のようです。誰しも未来に不安を抱えるものではありますが、純粋に恋がしたいという気持ちよりも、不安が勝ってしまうことで恋を遠ざけているパターンですね。確かに周囲を見ていても、自立心や芯の強い女性の方がパートナーと良い関係を築けているように感じます。

■ 好きな人ができない理由その3:セルフイメージが低い

セルフイメージとは自己像、つまり“自分はこういう人間”と自身で強く思いこんでいる像になります。友人いわく、好きな人ができないと言う女性の多くは、謙遜ではなく、このセルフイメージが低い人がものすごく多いと言います。しかも、「モデルのようなスタイルになりたい」「誰からも好かれる女性になりたい」なんて高い願望を抱く人ほど、セルフイメージが低く凝り固まっている人が多いそうです。

低いセルフイメージでは、恋愛市場で自分を売り込むことはできません。となると、好きな人ができない状況に陥るのも納得です。いきなり高いセルフイメージを持つのは難しいかもしれませんが、「自分はこうだから」と決めつけるより、「こんな人になりたい!」という気持ちで目標に向かい行動している自分を、受け入れることも大切ではないでしょうか。

■ マイナス思考が好きな人を作れない原因

好きな人ができない3つの理由、いかがでしたでしょうか。共通しているのは、自身や自身の恋愛について、マイナス面での思い込みを強く持ち過ぎていることが挙げられます。

好きな人ができないのは、出会い以前の問題で、自分自身にあるということ。逆に言えば、発想を変えることで恋のチャンスはいくらでも舞い込んでくるのです。恋愛とは自身を高め、成長させる大きなチャンスを秘めているものです。恐れるよりも少しでも経験を積み、より魅力的な自分になれたらいいですよね。(恋愛ウォッチャーaYa

<関連リンク>
「失恋からの立ち直り期間」は、大人になると長引く? 逆に早くなる?