正統派イケメンよりモテて遊び人!? 〝性格イケメン〟に要注意!「あの人ブサイクなのになぜかモテるよね」

世の中には、そんな〝性格イケメン〟の男性がけっこう存在する。ブサイクなのに女性に人気があり、若くてカワイイ女の子を彼女にするのもお手の物。そういった男性は女性からするとブサイクなので「浮気の心配がなくて安心」と思うだろう。

だが実はそんな男性だとむしろモテモテで競争相手が多い可能性大! そんな事実が昨今の芸能界を見ているとあぶり出されていくのだ。



■ バナナマン日村とトレンディ齋藤さんはモテモテの性格イケメン

〝性格イケメン〟の芸能人として有名なのは、まずバナナマンの日村勇紀。昨年はアナウンサーの神田愛花との交際が報道されて世間を驚愕させたが、素顔を知る芸人仲間は「僕ずっと知ってますけど、日村さんずっとモテますよ」「日村さんって中身イケメンなんですよ」(バカリズム)と語る。

最近では「トレンディエンジェル」の〝斎藤さん〟こと斎藤司も性格イケメンの代表格といわれる。よくみると頭髪をのぞけばもともとイケメンだが、それに加えて自身のインスタグラムに投稿する私服ファッションもオシャレで声も甘く歌も上手い。番組の企画では藤田ニコルと同居生活を送り、一輪のバラをプレゼントするなどのイケメンな行動を連発。にこるんのハートをわしづかみにしていた。ちなみに斎藤さんは現在同棲している彼女がいることを公言しているが、9月に二股浮気が発覚。女遊びもお盛んだ。

なんだかこの2人を見ていると、女性は最初ルックスを見て「自分が好きになることはないな。まあ向こうも簡単に手を出してこないだろう」と警戒心を持たずに接するが、性格イケメンなのでコロっと好きになる。そして「彼の良さを知るのは私だけ」「こんなルックスなので浮気は安心だろう」と安心してしまうも、ほかの女性も同様に惹かれてしまうので、どんどんモテ続けるという図式が垣間見えるのだ。

■ 〝性格イケメン〟は安心優良物件か?

だがこれが正統派イケメンだと最初の時点で女性は「どうせ私じゃ相手にされないだろう」とハードルを感じるし、実際いい感じになっても「イケメンだしどうせ遊びじゃないの?」と疑心暗鬼になってしまう。イケメンだけどモテない男性というのは、こういった図式にハマっているのではないか。

実際筆者は凄腕のナンパ師を数人知っているが、どの人もルックスは平均的かそれ以下。イケメンは誰もいなかった。そしてそのうちの1人(ルックスは大人になったのび太くん)がやはりこう言っていたのだ。

「イケメンだと女の子が警戒するから不利」

イケメンではないからこそ、女性はつい簡単に気を許す。そう考えると性格イケメンはある意味男性として要注意だといえる。そういえば不倫騒動等で名実ともに〝ゲス〟の代名詞となってしまった川谷絵音もルックス的には微妙。6股疑惑で騒動となった狩野英孝も「俺イケメン」というギャグはあるが、実際それほどイケメンではない。

とにかく女性にとってブサイクなのにモテる〝性格イケメン〟は安心優良物件では決してない。安心して心を簡単に許すと、後で痛い目を見る事故物件の可能性が高いのだ。むしろ正統派イケメンでも躊躇なくアタックするほうが、競争相手が少なく狙い目の可能性すらある。独女の皆さん、思い切って〝正統派イケメン大穴説〟に乗ってみる気はないですか?(橋口まどか

<関連リンク>
“結婚したい男”としても人気急上昇! 「星野源」が女性に支持される理由