「2017年こそ叶える!」独女の夢と野望、大発表会お正月休みはいかがお過ごしでしょう。過ぎ去った一年を振り返り、新たな年を迎えるこの時期は、自分を見つめ直す絶好の機会。2017年こそ絶対叶えたいあなたの夢や目標、野望はなんですか? 独女の皆さんに来年の抱負を語ってもらいました。

■ 恋と結婚への切実すぎる叫び

20・30代女性から圧倒的に多かったのはやっぱりこんな声。

「彼氏または好きな人を作る!」
「結婚に結びつく彼氏がほしい」
「現実世界にときめきが欲しい」
「契約結婚でもいいから結婚したい」

恋がしたい、ときめきたい、でもなぜだかご縁がない! そんな切実な思いがひしひしと伝わってきます。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の影響か、「契約結婚」に憧れる声もちらほら。2017年はもしかすると現実でも契約結婚カップルも増えるかも?

一方で、来年でフリー歴10年目を迎えるというシングル女性からはこんな抱負(というかお悩み)が寄せられました。


「恋人が欲しいという気持ちはあるが、自分からは何もせずにいたら、本当に何も起きないままあっという間に9年が過ぎてしまった。来年こそは婚活をはじめたい。でも恋愛の現場から離れていた期間が長すぎて、どう振る舞えばいいかいまさらさっぱりわからない…」

恋に縁遠くなってしまうと、どうしても臆病になってしまいますよね。共感する独女の皆さんは多いのでは? そんな風に自信を失っている人は、元既婚・現シングルのこんなアグレッシブな宣言をお聞きください。

「3回目の結婚をする。そのために転職をして環境を変える」
「したい」「ほしい」ではなく、「結婚をする」と言い切ってしまうこのタフさがまぶしい…! 2017年中の結婚を希望するシングルの皆さん、この強気なスタンス、見習って損はないですよ!

■ 今の仕事をこのまま続ける? それとも?

そして恋愛と同じくらい多かったのが、「仕事」や「生き方」に関する決意。転職やダブルワークなど、新たな年に新たな一歩を踏み出そうと考えている人はやはり多い様子。

「今の職場から転職したいです。 でも、生活はあるので仕事しながら次を探します」

「新卒で入った会社に勤めて7年目。ぬるま湯で居心地いいけど、結婚後も働き続けられる職場ではない。そろそろ結婚したいのでその前に転職して足場を固めておかないと」

「歯列矯正を始めたい。今は派遣として働いていますが、頑張ってダブルワークして資金を貯めたいと思ってます!!」

では最後に「もう人生ってこれに尽きるんじゃないの!?」と共感してしまった抱負をどうぞ。

「自分らしく生きること、です。 信念を曲げない。おかしいと思ったらその場で口にする。間違ったと思ったらその時に謝る。それが目標です」

恋をするもしないも、仕事を続けるも変えるも、根っこのところにあるのは「自分らしくありたい」という気持ち。これに尽きるのではないでしょうか。恋愛も結婚も転職もダブルワークも、周囲がするから自分もするのではなく、自分が本当に「したい」と思ったときにする。それが後悔のない生き方につながるはずです。

もちろんどれもすぐに実現できることではないけれども、自分が本当に欲しいものは何か、どんな風に生きたいかを自問自答するのは大切なこと。新たな年の始まりの月に、じっくりと自分の心に向き合ってみませんか?(小鳥居ゆき

<関連リンク>
じめじめした人間関係がスッキリ! 今日から使えるコミュ力向上のための3か条