女同士はやっぱり難しい!? 気持ちよく「異世代交流」をするコツは生き方が多様になる時代。女性の結婚・出産の時期も幅広くなり、そのぶん、職場や趣味の場などでは異世代の同性と一緒に過ごす機会も増えているようです。ただ、気が合いそうな人に出会えても、異世代ならではの付き合いの難しさを感じる瞬間もあるようで…。異世代交流を上手にやっていくコツを探ってみました。

■ 異世代友人との交流、どんなところがやりにくい?

「異世代交流のいいところ、難しいところ」について、交流の経験があるという複数の女性たちに尋ねてみました。いいところとして最も多く挙がったのが、「自分の知らない世界を教えてもらえる」という意見。「異世代のトレンドを教えてもらえる」「異世代のリアルな意見を聞けると、仕事に役立つ」「自分の将来の参考になる」「趣味や仕事を極めている先輩の話を聞くのは面白い」といった意見が挙がっていました。


では逆に、どんなところが難しいのか。年上さんたちからは、「普通にお茶していても、どこか“仲良くしてもらっている感”が出てしまう」「無理に褒めてもらっているような気がして辛い」「奢るべきかどうか、毎回迷って疲れる」「つい要らないアドバイスをしてしまって後で後悔する」といった意見が続々。

一方の年下さんからは、「恋愛・結婚についてのネガティブな話をされると、励ますべきなのか迷う」「若い子はいいわね〜的な話をされると、返し方が分からない」「人生史を延々と聞かされて、辛かった経験がある」といった意見のほか、「恋愛や結婚話は地雷だらけなので、踏み込むのが怖い!」なんて意見も見られました。

■ 異世代友人との交流をうまくやる、それぞれのコツ

年の差があっても男女の違いがあると“逃げ道”があり、話していてもストレスになりにくいのかもしれませんが、どうしても同性の場合、相手の人生を自分の過去や未来に重ねてしまうために、難しい部分が出てきやすいのかもしれませんね。色々な意見を踏まえた上で、異世代交流を楽しむコツを考えてみました。

<お互いの心がけ>

・ 恋愛・結婚・出産系の話題は、できるだけ近い世代としたほうがお互いにストレスがなさそう(共感しあうのが難しいため)
・ 「仕事」や「趣味」など、年齢に関係なくできる共通の話題が一番盛り上がりそう
・ 年齢に関係なく、お互いに「相手のここはいいな」と思えるポイントを探すとよさそう

<年上さんの心がけ>

・ アドバイス癖がある人は、意識してこらえる(「そっか」「そうなんだね」と相槌を打って聞くだけで十分!?)
・ 人生史や自分の過去を語る場合、長くなりやすいので省略気味に!
・ 「年下でもしっかりしているな、かっこいいな」と思えるところを探してみると、尊敬心が芽生えるかも

<年下さんの心がけ>

・ 年上だからと言って、必要以上に持ち上げる必要はなし!(相手がヨイショされるのが好きなタイプでない限り)
・ 仲良くしたい相手なら、あまり奢られすぎないようにしよう
・ 「年上だけど可愛いな、愛らしいな」と思えるところを探してみると、親近感が湧くかも

■ 年齢によって「見えている景色」は違って当然。自分も相手も大切に…。

年齢は経験値や人生観に違いを作るので、全く気にせずにいるのは難しいもの。それでも、「年齢によって見えている景色は違うのは当然」と捉え、精神的にフラットに付き合えるならば、同世代とはひと味違う新鮮な友人になれることも。そのためには、基本的なことですが、お互いが「自分の人生を大切に思い、相手のことも馬鹿にしない」というスタンスで接することが一番大事なのかもしれません。

異世代交流を楽しみたいという人は、上記のような点にちょっぴり気をつけながら、取り組んでみてはいかがでしょうか。(外山ゆひら

<関連リンク>
ひとによってそれぞれ。友達と親友のボーダーラインとは?