category01

結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときに

結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときにアラサー世代の独身女性を描いた人気漫画『東京タラレバ娘』が遂にドラマ化。第1話では、「このままだと“ひとりオリンピック”になってしまう!」と連呼していたのが印象的でした。オリンピックムードも高まるなか、近年は来日外国人の数も急増中。日本政府観光局のデータによれば、訪日外国人の数は、この12年で約4倍も増えているそうです。必然的に外国人との出会いも増えるなか、いざ付き合うとなるとどういう点が楽しいの? 友達にはなれても、一生のパートナーになるのはやっぱり大変じゃないの?…などなど、経験者たちに改めてそのあたりの実情を尋ねてみました。

■ 年齢より個性を見てもらえる! 外国の方との恋愛、「ここが幸せ」

まずは、外個人との交際でよかった点から。よく言われるのが、愛情表現ですよね。「何でも言葉にしてくれる(かわいいねなど)」「誉める、からかう、のバランスが良い」と言葉面をあげる意見もいれば、「人前でのスキンシップを恥ずかしがらない」「楽しませようと頑張ってくれるし、外出デートも頻繁にしてくれる。日本男性は“家でまったり”が好きで、外出に積極的ではない人が多かった」といった行動面での意見も見られました。世界的に見ても、拘束時間が長いと言われる日本企業。仕事で疲れを溜めすぎているのも、外デートを頑張れない人が多い原因のひとつなのかもですね…。

続きはこちら

積極的じゃない男性にむしろ魅力を感じることも!? “非肉食男子”の魅力を分析

積極的じゃない男性にむしろ魅力を感じることも!? “非肉食男子”の魅力を分析「自分から動くより、男性のほうからアプローチされたい」という女性は多いですよね。ですが最近、逆の意見を聞く機会もちらほら。「こちらのペースも考えずにガンガンくる男性は、自分勝手で好きになれない」「積極的に言い寄ってくる人は、大体無責任な人が多いと思うようになった」等々。世相かもしれませんが、「恋愛にガツガツしすぎていない男性のほうが好ましい、信用できる」と考える女性は増えているのかも!?

独女通信ではアンケート調査を行い、そのあたりを探ってみました。

■ 大人の恋愛では、「距離感」や「自立度」がかなり重要に!?

まずは「アプローチは積極的じゃないけれど、好感を持った男性はいたか、その魅力はどんなところだったか?」について尋ねてみました。すると回答は、幾つかのタイプがありました。

続きはこちら

久しぶりの恋愛で勘が鈍る!? タイミングを逃した”あの時”

久しぶりの恋愛で勘が鈍る!? タイミングを逃した”あの時”2016年はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が爆発的にヒットした。元カレに「小賢しい」と言われたトラウマから恋愛に臆病になっている主人公・みくりと、恋愛経験ゼロの“プロの独身”平匡の、不器用な男女の恋愛模様にむずキュンした人も多いはず。
 だが、現実はドラマのようにはいかない。ぼーっとしていたら相手のサインを見逃してしまうだけでなく、自分の感情にも気がつかないなんてことにもなりかねない。

大学時代から恋愛に遠ざかっているというともみさん(30才)は、「恋愛の勘が鈍りすぎて、チャンスを逃してしまった」とため息をつく。

続きはこちら

正統派イケメンよりモテて遊び人!? 〝性格イケメン〟に要注意!

正統派イケメンよりモテて遊び人!? 〝性格イケメン〟に要注意!「あの人ブサイクなのになぜかモテるよね」

世の中には、そんな〝性格イケメン〟の男性がけっこう存在する。ブサイクなのに女性に人気があり、若くてカワイイ女の子を彼女にするのもお手の物。そういった男性は女性からするとブサイクなので「浮気の心配がなくて安心」と思うだろう。

だが実はそんな男性だとむしろモテモテで競争相手が多い可能性大! そんな事実が昨今の芸能界を見ているとあぶり出されていくのだ。


続きはこちら

若い世代は抵抗感ナシ!? 今どきの〝出会い系事情〟を探る

若い世代は抵抗感ナシ!? 今どきの〝出会い系事情〟を探る「最近、若い世代でマッチングアプリが盛り上がっている」

そんな噂を耳にしたのはつい最近のことだった。「マッチング」と英語で書けば印象が変わるが、要するに日本語で分かりやすく言うと「出会い系」だ。

アラフォーの筆者が抱く出会い系のイメージは正直いって非常によくない。インターネット黎明期にあまた出現した出会い系サイトだが、利用して恋人ができた人でも「出会い系サイトで知り合った」と公言するのは、どこか気恥ずかしさがあったはずだ。その後出会い系サイトを宣伝するような内容のメールがランダムに送り付けられる事態が多発したり、さらには出会い系サイトを通じて犯罪に巻き込まれたりという事件も。すっかりイメージは悪化した。

にもかかわらず、最近の若い世代に受け入れられているという出会い系、いやマッチングアプリとは、一体どういうものなのか? 

続きはこちら

スタンディングバーが女性の出会いを応援!「Standing Bar 333」でキレイになろう

スタンディングバーが女性の出会いを応援!「Standing Bar 333」でキレイになろう出会いが生まれやすいと言われるスタンディングバー。その中でも入店時に1枚333円のチケットを購入する手軽なスタイルなどが受けて、各種メディアで取り上げられ人気店となっている「Standing Bar 333」では、異性とコミュニケーションを取る機会を作ることで、女性が美しくなることを応援する『ひめ活プロジェクト』を11月10日(木)より開始します。

■『ひめ活プロジェクト』とは

なかなか出会いの場に行きづらいと感じている女性の出会いを応援し、異性とコミュニケーションを取る機会を作ることで、美しくなってもらうことを目的としたプロジェクトです。

続きはこちら

アラフォーが「若いころにもっと恋愛しておけばよかった」と後悔するワケ

アラフォー独女が「若いころにもっと恋愛しておけばよかった」と後悔するワケ人間誰もが生きていれば重ねていく年齢。今は若くても、いずれアラサーになりアラフォーになり、着実に若さは衰えていく。そんな中でも女性の一番のターニングポイントといえば、やはりアラフォー。年齢で言うと35歳だろう。

35歳といえば妊娠において「高齢初産」と呼ばれる年齢。そして東洋医学において女性は「7の倍数で体に変化がみられる」とされ、28歳で体が最も充実がするが、35歳を境に容姿の衰えが出てくると言われるのだ。そのほかにも「もう夜更かしできない」「新陳代謝が急に衰えた」「お肌の曲がり角」など、この年齢近辺の女性であれば、こんな愚痴を一度はこぼしたことがあるだろう。

続きはこちら

オワコン? それとも穴場? 大ブームから4年「街コン」の今

オワコン? それとも穴場? 大ブームから4年「街コン」の今人肌恋しいこの季節。出会いの場を求めて心がざわざわする人も多いだろう。そんな折、ふと、こんなことを思い出した。

「そういえば今街コンって、どうなっているのだろう……」

筆者は2012年に街コンに参加し、当連載で「一度参加すればハマる? 噂の“街コン”に参加してみた!(http://dokujo.jp/archives/51738482.html)」という記事でレポートした経験がある。ちなみに2012年の流行語大賞にも「街コン」はノミネートされていた。とにかく当時は新たな出会いの場所として大流行していたのだ。


■ 街コン開催情報が去年からストップ!

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。