category01

男子が教える 女子の「本命力」の養い方

男子が教える 女子の「本命力」の養い方筆者の周りにいる独女の多くは外見も良く社交的、仕事でもまずまずのポジションを得ている子ばかりなのですが、これがどうしてか本命になることが少なく、好きな人ができては「自分には本命力が足りない」と悩んでいます。

そこで今回は、最初はそこまでの想いはなかったのに、気付いたら「自分にはこの子しかいない」と思った瞬間を男性4名から聞いてきました。

■思わぬタイミングで渡された「手紙」
「普段から自分のことを想ってくれているなとは感じていたのですが、誕生日でも記念日でもないタイミングでいきなりデートの別れ際に手紙を渡されました。内容はいつもありがとうといった感謝の言葉がメインだったのですが、本当にいい子だなと改めて感じました」(保険業/31歳)

続きはこちら

浮気男をガツンと制裁! 私の復讐体験談

浮気男をガツンと制裁! 私の復讐体験談あなたは浮気した彼氏への「復讐」に走ったことはありますか? 既婚者に遊ばれた腹いせに、やり返したことは?

泣き寝入りするなんてバカらしい。復讐の女神と化してとことんクールに復讐を成し遂げた女性たちの体験談を集めました。

続きはこちら

どうして? 彼女持ち・既婚者の男性から言い寄られるワケ

どうして? 彼女持ち・既婚者の男性から言い寄られるワケ声をかけてくるのは他に本命がいる男性ばかり……。筆者の身近にいるモテ子にも、こういった現象があります。なぜそういう人たちを惹き付けてしまうのか。もしかすると、ただの偶然ではないかもしれません。

■ 優柔不断だから
自分の中できちんとした線引きがないと、好奇心から危ない香りやスリルを求めズルズルと流されてしまうことも。女性の中には無意識にそういう男性を引き寄せている人がいますから、「既婚者は絶対にダメ!」「彼女持ちはお断り!」など、自分なりのラインを持っておくと、彼らを遠ざけることができます。

続きはこちら

星からのメッセージ・「自分を解放し、今を楽しむ」ほど恋愛もうまくいく夏!

「自分を解放し、今を楽しむ」ほど恋愛もうまくいく夏!7/20の朝に山羊座の満月を迎えます。

これから夏本番の時期、各地で花火や夏フェスといったイベントが目白押しですね。お楽しみ盛りだくさんな雰囲気に、夏休み前の子供たちだけでなく、大人のわたしたちであっても、ワクワクしたりドキドキしたり……

え?仕事や日常の雑事で手一杯、そんなお楽しみに時間を充てる余裕も体力もない?

いやいや、ちょっとお待ちください。今回の満月のホロスコープ・チャートをみると、そんな風に諦めていてはもったいないですよ!まずは以下のチャート解説をご一読あれ!


続きはこちら

「女をリードできない男」は恋人として本当にダメなのか問題

「女をリードできない男」は恋人として本当にダメなのか問題「やっぱり男はちょっとくらい強引なほうがいい」
「男の人にはいざというときはバシッと決めてほしい」
「デートのときくらいはちゃんとエスコートしてほしい」

女性の口からまあまあよく聞くこれらの言い分、あなたならどう思いますか? やっぱり「女をリードできない男」は恋人としてナシですか? リードしてくれる男性を好きになって結婚した女性、逆にそういったタイプの男に見切りをつけた女性、男性にリードされるのが嫌いな女性、それぞれに本音を聞きました。

続きはこちら

男は◯◯とウソをつき、女は◯◯とウソをつく

男は◯◯とウソをつき、女は◯◯とウソをつく男と女はどうしてこうも異なるのか。だから惹かれ合うのかもしれませんが、筆者がこれまで数多くの恋愛をウォッチングしてきた中でも代表的な男女の違いを、5つ取り上げてみました。

1.男は「好き」とウソをつき、女は「嫌い」とウソをつく

先日、「モテる男性だからこそ知っている 時間・エネルギー・お金を費やしたくなる女性とは」でご紹介したセイ君は、「好きだよ」「かわいいね」と言えば、その気のある女性の8割方はついてくると言っていました。男性の経済力やルックスにもよるけれど、確かに女性は「好き」という言葉に弱い生き物。逆に女性がウソをつくとすれば「嫌い」、あるいは不安でたまらないのに「大丈夫」という言葉ではないでしょうか。

続きはこちら

アラサーからの失恋を次に生かす人 繰り返す人 その違いとは

アラサーからの失恋を次に生かす人 繰り返す人 その違いとは結婚適齢期の失恋。それは恋が終わった痛手にくわえ、次の恋がちゃんと始まるのか? という不安でいっぱいになります。

ただ、中にはずーっとウジウジしたり、元サヤやセフレに戻ったりして、ズブズブと関係をこじらせる女性も見かけます。逆に、アラサーで失恋してもしっかりと立ち直り、次の恋や結婚へ向けて歩き出した人も。

もちろんそうなる原因はそれぞれあるとは思いますが、立ち直る人と繰り返す人に、何か特徴はあるのでしょうか。今日はそんなアラサーからの失恋について、意見を聞いてきました。


続きはこちら

脈ありと見せかけて脈なし! 恐るべし「脈アリ詐欺男子」

脈ありと見せかけて脈なし! 恐るべし「脈アリ詐欺男子」女子からすると、絶対に脈アリと思える男子の言動でも、実際はそうでもないことがあるようです。今回は筆者の友人が被害にった、「脈アリ詐欺男子」のアプローチの数々を紹介します。

1.連絡先交換は彼から

友人と彼の間柄は、男女混合フットサルチームのチームメイト。
友人初参加の日に、長身イケメンの彼(35才)が優しくアドバイスしてくれたことが親しくなったきっかけだそう。その流れで「何かわからないことがあれば連絡してね」とLINEIDを教えてもらい連絡交換をすることに。下心を感じさせないその言動に、友人は好意的なものを感じたと言います。

今時合コンですら連絡先を交換しないこともあるといいますから、積極的に連絡先交換をしてくれた彼の行動を「脈アリ」と受け取ってしまうのは女子なら頷けるはずです。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。