category02

生まれ変わってもまた同じ人と結婚したい?

シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこが、50代以上のメールマガジン会員2,115人を対象に「夫婦」に関する調査を実施しました。

それによると「生まれ変わってもまた今の配偶者と結婚したいと思うか」という問いに、「結婚したいと思う」と答えたのは全体で50.4%、男性では51.8%、女性は44.7%となったとのことです。

また「どちらともいえない」は42.8%、「結婚したくない」は6.9%となりました。

続きはこちら

モテるより、居心地の良いずっと一緒にいたくなる女性になるために

モテるより、居心地の良いずっと一緒にいたくなる女性になるためにタイトル通りになりますが、結局のところ人が行き着く幸せとは、モテることでも彼氏ができることでもなく、たった一人の大切な人に愛され、必要とされ、大事にされ続けることではないかと思います。価値観は人それぞれだと思いますが、今回は男性がずっと一緒にいたくなる女性について考えてみたいと思います。

■ 長続きの秘訣は“居心地の良さ”

恋の始まりは一目惚れや価値観の一致、タイミングだったりするわけですが、そこから恋人となり時を過ごす中で、二人の関係が継続できるか否かにかかってくるのは“居心地の良さ”が大きいと思います。

女性に比べて男性は外見を重視する傾向がありますし、周囲の男性陣からも「美人やスタイルがいいという話ではなく、顔が自分好みじゃないと絶対無理!」といった発言をよく耳にしますが、それでも結婚した男性の意見をまとめると、最終的に選ぶのは、“外見をふまえた内面”だと言います。恋では外見が8割、中身が2割だった人も、結婚相手には外見が4割、中身が6割となることもある。何だかんだいって決定打となるのは、内面的な要素であることがわかります。

■ 居心地の良い女性になる方法

では、居心地の良い女性になるにはどうしたらいいのか。
続きはこちら

既婚者の皆さん、「結婚に犠牲はつきもの」ってホントですか?

既婚者の皆さん、「結婚に犠牲はつきもの」ってホントですか?甘くラブラブの新婚時代を経て、子供が産まれたら幸せファミリー一直線――。

まだ見ぬ「結婚」というステージに対して、そんな風にふんわりドリームを思い描いていませんか? でもちょっと周囲を見渡してみてください。女子会で夫の愚痴を延々と語り続ける既婚女性、あなたのまわりにもいませんか? あるいは、出産や育児がきっかけで職場を去ってしまった女性は? 

「結婚に犠牲はつきもの」なんて言葉も耳にしますが、実際のところどうなのでしょう? さまざまな立場の既婚女性に本音を聞きました。

続きはこちら

結婚に適した男性とは、女性の価値観を尊重できる人

結婚に適した男性とは、女性の価値観を尊重できる人時代の変化と共に、女性が求める理想の男性像も変化を遂げています。今回はその変化から、どんな男性が現代の結婚に向いているのかを考えてみました。

■ 時代の変化と共に変わる理想の結婚相手

女性が思う理想の結婚相手として、かつては3高男子「高収入・高学歴・高身長」が挙げられていましたが、その後3平男子「平均的年収・平凡な外見・平穏な性格」、4低男子「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」と移り変わり、昨今では3強男子「結婚生活に強い・不景気に強い・身体が強い」なる言葉も耳にするようになりました。

続きはこちら

楽しい恋のスタートをきろう!シネマ婚活「世界の果てまでヒャッハー!」

楽しい恋のスタートをきろう!シネマ婚活「世界の果てまでヒャッハー!」

結婚を考えている恋人ソニアを連れ、彼女の父親が経営するブラジルの高級リゾートホテルを友人たちと訪れたフランク。
この旅をきっかけにソニアにプロポーズしようと計画していたが、ひょんなことから恋人を残し、フランク一行は突然行方不明に…。

型破りで最高に明るいアドベンチャーコメディ「世界の果てまでヒャッハー!」は、フランスの興行収入2週連続No.1を達成。
トンデモハプニングの連続に、腹を抱えて大笑いできること間違いなしの映画です。

プロポーズや結婚シーンの多い同映画にちなんで “映画をみて幸せをつかんでほしい” というコンセプトのもの、配給会社とOTOCONでは「婚活試写会」を実施。

愛すべきバカな男たちの前人未到の“ヒャッハー!”アドベンチャーを観て、楽しい恋のスタートをきりませんか。

続きはこちら

独身の不安「子供は早く産んだ方がいい!」は本当? キャリア系ママに聞いた出産のリアル

独身の不安「子供は早く産んだ方がいい!」は本当?「そろそろ子供を持ちたい気もするけれど、まだ早い気もする」
多くの年頃女性が悩む子供を持つ時期について。みなさんもパートナーの有無にかかわらず、悩んだ経験はありませんか?

筆者は結婚の予定はないものの、この問題については定期的に悩むことがあります。仕事が好きで続けていきたい、できれば結果を出したい。自分のやりたい事にけじめをつけてから出産したい。そんな風に人生を真面目に考えれば考えるほど、いつ子供を持つかという問題が頭を悩ませます。

今回はそんな悩みに少しヒントになるお話です。

よく「子供は早く産んだ方がいい」という先輩ママたちのアドバイスを耳にしますが、出産後も仕事や自分の目標をある程度優先して取り組んでいるママたちも、同じことを言うのだろうか? そんな疑問を、キャリア系ママたちにぶつけてみました。

続きはこちら

一般的な結婚がすべてじゃない! 事実婚という生き方

一般的な結婚がすべてじゃない! 事実婚という生き方テレビ番組で、タレントの藤崎奈々子さん(38才)が一般男性と10年間事実婚をしていると告白した。付き合いはじめて間もなく、お互いに結婚したいという気持ちはあったが、「結婚したらすぐ子供が欲しい」という彼と「まだやりたいことがある」という彼女の気持ちがすれ違ってしまった。しかし以降も仲良く関係を続け、現在に至る。二人はこの先も一緒に暮らしていく気持ちはあるが、一度タイミングを失ってしまったせいで「いつ結婚したらいいか(わからない)、結婚迷子です」と笑っていた。

女優の萬田久子さん、ミュージシャンの椎名林檎さん、女優の後藤久美子さんなど事実婚をしている有名人は少なくない。報道ではみなさんそれぞれに子供もいる。

それにしても、なぜ法律婚(一般的な結婚)でなく事実婚を選んだのか? 違いはどこにあるのだろうか?

さまざまなスタイルでも幸せに暮らすカップルの形を紹介した『オトナ婚です、わたしたち:十人十色のつがい方』の著者で、事実婚カップルにも詳しい大塚玲子さんに事実婚について聞いた。


続きはこちら

「離婚歴がある相手」との結婚のいいところ、大変なところは?

「離婚歴がある相手」との結婚のいいところ、大変なところは?毎年20〜30万組もの夫婦が離婚している時代。「交際相手に離婚歴がある」という恋愛を経験する人も増えているのではないでしょうか。ケースバイケースではありますが、相手が離婚経験者の場合、普通の交際や結婚と比べ、どんなハードルやよさがあるのか。独女通信では読者アンケートを行い、調べてみました。


■ 6割以上が「離婚経験者」との交際経験あり! 結婚を考えた人も半数近く

まずは「離婚経験者と交際をしたこと、または考えたことがありますか?」という質問をしたところ、ある(65.96%)・ない(34.04%)という結果に。6割以上が離婚経験者との交際経験(検討も含む)があることが判明。さらに「ある」と答えた方々に、「その相手との結婚を考えましたか?」と尋ねたところ、はい(46.81%)・いいえ(53.19%)となり、こちらも半数近くが経験あり、という結果になりました。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。