category02

既婚者の皆さん、「結婚に犠牲はつきもの」ってホントですか?

既婚者の皆さん、「結婚に犠牲はつきもの」ってホントですか?甘くラブラブの新婚時代を経て、子供が産まれたら幸せファミリー一直線――。

まだ見ぬ「結婚」というステージに対して、そんな風にふんわりドリームを思い描いていませんか? でもちょっと周囲を見渡してみてください。女子会で夫の愚痴を延々と語り続ける既婚女性、あなたのまわりにもいませんか? あるいは、出産や育児がきっかけで職場を去ってしまった女性は? 

「結婚に犠牲はつきもの」なんて言葉も耳にしますが、実際のところどうなのでしょう? さまざまな立場の既婚女性に本音を聞きました。

続きはこちら

結婚に適した男性とは、女性の価値観を尊重できる人

結婚に適した男性とは、女性の価値観を尊重できる人時代の変化と共に、女性が求める理想の男性像も変化を遂げています。今回はその変化から、どんな男性が現代の結婚に向いているのかを考えてみました。

■ 時代の変化と共に変わる理想の結婚相手

女性が思う理想の結婚相手として、かつては3高男子「高収入・高学歴・高身長」が挙げられていましたが、その後3平男子「平均的年収・平凡な外見・平穏な性格」、4低男子「低依存・低姿勢・低燃費・低リスク」と移り変わり、昨今では3強男子「結婚生活に強い・不景気に強い・身体が強い」なる言葉も耳にするようになりました。

続きはこちら

楽しい恋のスタートをきろう!シネマ婚活「世界の果てまでヒャッハー!」

楽しい恋のスタートをきろう!シネマ婚活「世界の果てまでヒャッハー!」

結婚を考えている恋人ソニアを連れ、彼女の父親が経営するブラジルの高級リゾートホテルを友人たちと訪れたフランク。
この旅をきっかけにソニアにプロポーズしようと計画していたが、ひょんなことから恋人を残し、フランク一行は突然行方不明に…。

型破りで最高に明るいアドベンチャーコメディ「世界の果てまでヒャッハー!」は、フランスの興行収入2週連続No.1を達成。
トンデモハプニングの連続に、腹を抱えて大笑いできること間違いなしの映画です。

プロポーズや結婚シーンの多い同映画にちなんで “映画をみて幸せをつかんでほしい” というコンセプトのもの、配給会社とOTOCONでは「婚活試写会」を実施。

愛すべきバカな男たちの前人未到の“ヒャッハー!”アドベンチャーを観て、楽しい恋のスタートをきりませんか。

続きはこちら

独身の不安「子供は早く産んだ方がいい!」は本当? キャリア系ママに聞いた出産のリアル

独身の不安「子供は早く産んだ方がいい!」は本当?「そろそろ子供を持ちたい気もするけれど、まだ早い気もする」
多くの年頃女性が悩む子供を持つ時期について。みなさんもパートナーの有無にかかわらず、悩んだ経験はありませんか?

筆者は結婚の予定はないものの、この問題については定期的に悩むことがあります。仕事が好きで続けていきたい、できれば結果を出したい。自分のやりたい事にけじめをつけてから出産したい。そんな風に人生を真面目に考えれば考えるほど、いつ子供を持つかという問題が頭を悩ませます。

今回はそんな悩みに少しヒントになるお話です。

よく「子供は早く産んだ方がいい」という先輩ママたちのアドバイスを耳にしますが、出産後も仕事や自分の目標をある程度優先して取り組んでいるママたちも、同じことを言うのだろうか? そんな疑問を、キャリア系ママたちにぶつけてみました。

続きはこちら

一般的な結婚がすべてじゃない! 事実婚という生き方

一般的な結婚がすべてじゃない! 事実婚という生き方テレビ番組で、タレントの藤崎奈々子さん(38才)が一般男性と10年間事実婚をしていると告白した。付き合いはじめて間もなく、お互いに結婚したいという気持ちはあったが、「結婚したらすぐ子供が欲しい」という彼と「まだやりたいことがある」という彼女の気持ちがすれ違ってしまった。しかし以降も仲良く関係を続け、現在に至る。二人はこの先も一緒に暮らしていく気持ちはあるが、一度タイミングを失ってしまったせいで「いつ結婚したらいいか(わからない)、結婚迷子です」と笑っていた。

女優の萬田久子さん、ミュージシャンの椎名林檎さん、女優の後藤久美子さんなど事実婚をしている有名人は少なくない。報道ではみなさんそれぞれに子供もいる。

それにしても、なぜ法律婚(一般的な結婚)でなく事実婚を選んだのか? 違いはどこにあるのだろうか?

さまざまなスタイルでも幸せに暮らすカップルの形を紹介した『オトナ婚です、わたしたち:十人十色のつがい方』の著者で、事実婚カップルにも詳しい大塚玲子さんに事実婚について聞いた。


続きはこちら

「離婚歴がある相手」との結婚のいいところ、大変なところは?

「離婚歴がある相手」との結婚のいいところ、大変なところは?毎年20〜30万組もの夫婦が離婚している時代。「交際相手に離婚歴がある」という恋愛を経験する人も増えているのではないでしょうか。ケースバイケースではありますが、相手が離婚経験者の場合、普通の交際や結婚と比べ、どんなハードルやよさがあるのか。独女通信では読者アンケートを行い、調べてみました。


■ 6割以上が「離婚経験者」との交際経験あり! 結婚を考えた人も半数近く

まずは「離婚経験者と交際をしたこと、または考えたことがありますか?」という質問をしたところ、ある(65.96%)・ない(34.04%)という結果に。6割以上が離婚経験者との交際経験(検討も含む)があることが判明。さらに「ある」と答えた方々に、「その相手との結婚を考えましたか?」と尋ねたところ、はい(46.81%)・いいえ(53.19%)となり、こちらも半数近くが経験あり、という結果になりました。

続きはこちら

雨宮バッシングで考えさせられる「やっぱり子育ては母親がするべき?」

「やっぱり子育ては母親がするべき?」フリーアナウンサーの雨宮塔子さんが、7月からTBSの報道番組『NEWS23』で現役復帰した。その裏で、離婚した元夫とその妻が2人の子供を引き受けることになったことから、雨宮さんは「母親失格」とバッシングを受けていると報道された。

このニュースの裏には、「女が子供を育てるべき」「子供がいたら仕事や夢をあきらめるべき」という考え方があるような気がする。
結婚、出産後も仕事を続けたいと思う独女にとっては、家事や育児を夫と協力しあって進めることは不可欠で、現代のライフスタイルには合わないのではないだろうか。

そこで、3歳の女の子を持つくみさん(35才)とせいじさん(37才)の共働き夫婦が、どんな工夫をしながら協力し合って子育てや家事をしているのか聞いてみた。


不動産関係の事務をしている妻のくみさんは、結婚するまで実家に住んでいて身の回りのことは母に頼りきっていたため家事が苦手。一方、大学進学と同時に上京し、一人暮らしをしてきた会社員の夫・せいじさんは家事全般をソツなくこなす。

続きはこちら

「結婚したって遊べばいい」30代にはない、20代女性の結婚観とは?

「結婚したって遊べばいい」30代にはない、20代女性の結婚観とは?現在30歳以上の独女の皆さんは20代前半のころ、「結婚」についてどのようなイメージ、または考えを持っていただろうか? 

もちろん人それぞれだと思われるが、多くの人は「まだ早い」「今はもっと遊びたい(または仕事したい)」というような、結婚に対する現実感のなさがあったのではないかと推測する。

だがその一方で、近年は20代前半でも結婚願望を持つ若い世代が増えてきているらしい。例えば国立社会保障・人口問題研究所が行っている2010年発表の「出生動向基本調査」によると、未婚者に対して「一年以内には結婚したい」と答えた18歳から24歳男性は26.0%で、女性が35.1%。一方その5年前の同調査結果では男性が23.5%で女性が32.7%。わずかだが着実に増えているのだ。

なぜ男女問わず20代前半という若さで結婚を急ぐ人が増える傾向にあるのか?

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。