category03

妊活のために仕事をやめる?「仕事と妊娠」に悩む女性たち

妊活のために仕事をやめる?「仕事と妊娠」に悩む女性たち女性にとって、結婚できるのかな?ということも気になるけれど、同じくらい「子どもをもてるのかな?」ということも気になりますよね。現代では妊娠適齢期はちょうど働き盛りとも重なり、彼氏や夫がいても「仕事が忙しいせいで、妊娠ができないのでは?」と悩む女性も少なくありません。

そんな現代女性にとって避けては通れない「仕事」と「妊娠」について、独女通信ではアンケートを実施。「妊活のために仕事をやめるかどうか、迷ったことはありますか?」という問いを投げかけてみました。

中には、「迷ったことはありません。わたしは仕事が楽しいと思って毎日を過ごしているので、逆に仕事がない方がストレスを生むと考えるからです」という意見もみられましたが、多くは「仕事と妊娠」について悩んだ経験のある方から意見でした。


続きはこちら

女は結婚すると「占い」に興味がなくなるって本当?

女は結婚すると「占い」に興味がなくなるって本当?「私、この先どうなるんだろう…」と不安に駆られたとき、占いをチェックするという人は多いのではないでしょうか。星占い、タロット占い、風水、四柱推命など、占いの世界はオールシーズン百花繚乱。「年に1度の雑誌の占い特集はつい買ってしまう」「お気に入りの占い師のところに定期的に通っている」という人も女性なら珍しくありません。

ところが、あるときを境に女性は占いと疎遠になるタイミングがあるのだとか。占いにハマっていた過去を持つ一般女性とベテラン占い師、それぞれに話を聞きました。

続きはこちら

「東京タラレバ娘」どころではない!リアルな「女として終わってる」瞬間

リアルな「女として終わってる」瞬間独身女性の心をガリガリと削り取っていく。そんなリアルで辛辣なヒット漫画「東京タラレバ娘」が1月からドラマ化され、毎話放送されるたびに話題を呼んでいます。

主人公は脚本家の倫子30歳。同い年のネイリスト香と、父の居酒屋を手伝う小雪の独身3人が、自分に悩みながら改めて恋愛に挑むけど……というお話です。


■ ドラマからはなぜ、悲壮感を感じないのか?

主人公はことあるごとに「女として終わってる」という事を、作中のイケメンモデルKEYや現実から突きつけられるのですが、ドラマには、原作のようなヒリヒリする悲壮感を感じないという感想も寄せられているようです。

例えば第2話で、KEYが倫子の部屋に上がり込んだとき、倫子の部屋には下着が干しっぱなしで、慌てて取り込みズッコケ!「私、女として終わってるでしょ?」と投げやりに言い放つシーンがありました。

確かに、男性を部屋にあげて洗濯物が干しっぱなしなのはいただけませんが、干された下着はピンクや水色の上下セット。デカパンやブラトップなどは1枚も干されておらず、全く終わってる感を覚えません。

実際に終わってる女はもっとひどいぞ! という思いがどうしても拭えず、女性たちがどんな瞬間「あ、私女として終わってる」と思うのか? 筆者も赤裸々に終わってる感をぶちかましながら、ご紹介したいと思います。


続きはこちら

独女にもできる「誰かのために頑張る」こと

独女にもできる「誰かのために頑張る」こと晩婚化や未婚化が進む日本。さらには「少子高齢化」という社会問題もあり、少子化の解消に貢献できていない適齢期を過ぎた独身女性は、正直肩身が狭い。

独女のサオリさん(40)は最近、その肩身の狭さに追い打ちをかえるような出来事が起こったという。

「先日『結婚願望がない』とずっと言っていた友達が結婚したんです。で、その理由を聞いたらこんなことを言っていました。『独身時代を散々おう歌したけど、ふとそういう生活はもういいや、って思ったの。それよりも家族をつくり、家族を幸せにするために頑張る人生を歩みたくなった』。これを聞いた時は、ちょっとショックでしたね」

サオリさんは大手証券会社で働いており、役職もついているキャリアウーマン。仕事が大好きで、「独身で仕事を頑張るのが自分らしい生き方」と信じていた。

「仕事はやりがいがあるし、社会の役に立っているという自負もあります。でも頑張っているのは社会のためより結局全部自分のため。誰かを幸せにしたいと思ったり、誰かのために頑張るとか、考えたこともなかったんです。なんだか自分がすごく独りよがりで子どもっぽいと思いました。私は一体何のために頑張っているのだろう? と」(サオリさん)

続きはこちら

三十路でも振袖を着るべし! その昔、振袖は恋愛アプローチの必須アイテムだった!?

三十路でも振袖を着るべし! その昔、振袖は恋愛アプローチの必須アイテムだった!?今年も全国各地で行われた成人式。街角で艶やかな振袖を着た女の子たちとすれ違い、かつては筆者にもあんな時があったなあ…と目を細めつつハッとした。

「そういえば、成人式以来着ていないあの振袖はどうなった⁉」。母はレンタルでもいいかな、と考えていたらしいが「大事なお祝いだから」と祖母が見立てて買ってくれた振袖だった。実家の母に電話をすると、まだ大事にタンスにしまってあるという。とはいえ、筆者は二度目の成人式を過ぎ、さすがにもう着られないと諦めているが30歳だったらどうだろう?

そこで、着物の着装、礼装に詳しい『公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会』に問い合わせてみた。

「率直にいうと、30歳を過ぎても独身ならば振袖を着てもまったく問題ありません。江戸時代には28歳で袖を留める(短くする)風習があって、その名残が現代にもあります。でも、結婚の適齢期も違いますし、30代でも若々しい方が増えていますしね。そもそも振袖は、袖を振ることで人の魂を呼び寄せるという一説があるんですね。つまり、昔は好きな人に向けて袖を振っていたんです。独身の女性にふさわしいというのはそういうわけです」

続きはこちら

プレミアムフライデー、空いた時間は何をする?

プレミアムフライデー、空いた時間は何をする?2月末の金曜日から実施される「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜日は15時で就業し、自由な時間を過ごそうという政策だ。

これにより経産相と経団連は個人消費の促進も見込んでいるが、報道によると街の声は「消費喚起というけれど使えるほどお金がない」「結局、家で仕事をすることになるのでは?」という声も多いよう。

さて、独女のみなさんはプレミアムフライデーをどういう風に過ごすのだろうか?

事務職のゆかりさん(35歳)は「空いた時間でバイトしようかな」と考えている。

「遊びたいけどそんなお金はないし、かといって家にいても特に趣味もないからダラダラ過ごすだけでつまらないし。友達がオフィス街で小さなバーを開いていて、“これを機会に早く店を開けることにするから、忙しくなりそう”って言ってるのでそこでバイトでもしようかと思います。空いた時間でお金を稼げるし、普段の仕事とは180度違う業務だから気分転換にもなるし、接客していれば人脈が広げられるし、いいことづくしですね」

昨年ロート製薬が公に副業を認めたことで、今後も寛容的な企業は増えていきそう。ゆかりさんのように終業後は副業をしてみたいと考える独女は少なくないようだ。

続きはこちら

女同士はやっぱり難しい!? 気持ちよく「異世代交流」をするコツは

女同士はやっぱり難しい!? 気持ちよく「異世代交流」をするコツは生き方が多様になる時代。女性の結婚・出産の時期も幅広くなり、そのぶん、職場や趣味の場などでは異世代の同性と一緒に過ごす機会も増えているようです。ただ、気が合いそうな人に出会えても、異世代ならではの付き合いの難しさを感じる瞬間もあるようで…。異世代交流を上手にやっていくコツを探ってみました。

■ 異世代友人との交流、どんなところがやりにくい?

「異世代交流のいいところ、難しいところ」について、交流の経験があるという複数の女性たちに尋ねてみました。いいところとして最も多く挙がったのが、「自分の知らない世界を教えてもらえる」という意見。「異世代のトレンドを教えてもらえる」「異世代のリアルな意見を聞けると、仕事に役立つ」「自分の将来の参考になる」「趣味や仕事を極めている先輩の話を聞くのは面白い」といった意見が挙がっていました。

続きはこちら

なぜ素直に喜べない!? 「サプライズ嫌い女子」の心理とは?

なぜ素直に喜べない!? 「サプライズ嫌い女子」の心理とは?女性なら誰もが憧れるとされる「彼からのサプライズ」。

定番の舞台となるのはプロポーズや結婚式の余興など。彼が彼女のためを思って一生懸命企画し、時には仲間たちや身内まで参加することもあるだろう。さらにはテレビ番組で「彼女へのサプライズ」が企画となることも数多く、そうなるとタレントまで巻き込む一大プロジェクトになる。そこにあるのはただ「喜んでほしい」「感動してほしい」という善意のみだ。

だがそんな一大プロジェクトによるサプライズを受けた女性が、〝サプライズ嫌い〟だったら? テレビ番組の企画ではまずそんな危機的場面は訪れず必ず感動に着地するが、実際のところ感動に着地せず困惑したり、ひどい時にはドン引きしてしまうタイプの女性はけっこう存在するのだ。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。