category04

「イケメン好き」を公言する女は損か?得か?

「イケメン好き」を公言する女は損か?得か?あなたは「イケメンが好き!」と堂々と言い切る女性をどう思いますか?

「イケメン好き」をオープンにすることで損や得をすることはあるのか、同性はどう見ているのか、そして「イケメン好き」な女性を男性はどう思っているのか? みんなが口に出さない本音について、女性・男性それぞれの声を聞いてみました。

続きはこちら

一度履くとやめられない、独女のオシャレに「ウエストゴム」はアリ? ナシ?

「ウエストゴム」はアリ?ナシ?近年ジョガーパンツなど〝大人カジュアル〟の流行により、ウエストゴムのボトムスがすっかり市民権を得ている。実際に愛用している独女も多いと思われるが、いくら流行でも楽をしてオシャレをしているような、後ろめたさを感じることはないだろうか? 

そこで「ウエストゴム」についてアンケート調査を行い、実際の使用率などを調査してみることに。

■ 今や90%の女性がウエストゴムボトムスを持っている!

まずウエストゴムのボトムスを持っている人の割合について調べてみると、「持っている」人の割合はなんと93%! もはやほとんど全員が持っているといっても過言ではない。

しかし93%の所持者でも、ウエストゴムについての許容範囲は様々だ。まずその中の21%は「持っているがパジャマどまり。またはタンスの肥やし」と回答。一応買ったけれど履く勇気がないという独女も多いのだ。そしてさらに21%は普段着として着用はするが「デートにはNG」と回答している。やはり勝負どころでウエストゴムを履くということには、まだハードルが存在していることがわかる。

だが、残りの51%は普段着ハードルもデートハードルも超え、さらには「オフィスで着用」というハードルも超えた「どこでもウエストゴムOK」という人たち。この層が一番多いのだ。

続きはこちら

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ暑くて汗ばかりかく夏。そんな時期、特に気になるのが下着のムレではないでしょうか。筆者はけっこうかぶれやすい肌質のため、夏はあせもや下着のゴムによるかぶれが頻発。快適な環境を手に入れることができずにいます。

そんな面倒な肌質の女に、先日吉報が舞い込んできました。なんとひと昔前の男性が愛用するイメージの「ふんどし」が、女子のいろんな悩みを解決してくれるというのです。

「ふんどしって、ちょっと待て待て…」

さすがに冗談でしょうと拒絶反応を示したものの、調べていくと結構よさそうなふんどし。
ということで、今回アラサー独身女子のおおしまが、女性用ふんどしにガチでチャレンジ!その巻き心地やいかに。


続きはこちら

女性のUV対策に男性はイライラ「日よけ、ウゼエ」が本音!?

女性のUV対策に男性はイライラ「日よけ、ウゼエ」が本音!?夏まっさかりになってくると、露出が多いファッションになる独女も多いはず。ところが、女性は肌を露出した分だけUV対策が必要になり、日傘、帽子、アームカバー、サングラス、スカーフなど、普段から日差しに警戒している人は多い。女性ならそんな光景は“あるある”でも、男性からは否定的な声もあるようだ。

■ 女性のUV対策は“見た目がヘン”、“神経質すぎる!”

「日傘はとくにウザイですよね。駅前とか、人混みでも平気で日傘をさして、のんびり歩いている女を見るとイラッとします。傘があるぶん道幅を取るし、傘の先が目に当たりそうになって危ないんですよ。そもそも日傘ってオバサンっぽくないですか?」とは、まさとさん(28才)。

確かに、人混みのなかで日傘をさしている人は、ちょっと危ないと思うことがある。とはいえ、周囲に気を配りながら使えば、日傘は涼しくて快適。最近は外回りの多いビジネスパーソンなど、男性の利用者も増えているそうだ。

「アームカバーとサングラスをかけてる女の人ってロボットみたいですよね(笑)。どっちかっていうと美意識が高い子のほうが好きだけど、帽子や日傘、とかいろいろなものでカバーしてると神経質すぎるかもしれないなとも思う。それに、見た目も暑苦しいです」(まさるさん/30才)

UV対策をする姿は、確かにおしゃれとは言い難いところがあるかもしれない。

続きはこちら

よく笑い、よく褒める!男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴

よく笑い、よく褒める!男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴前回ご紹介した「男性が思う、こんなオバサンにはなってほしくないと思う瞬間」に続き、今回は「男性が思う、年齢を重ねても素敵な女性の特徴」をご紹介します。

インタビューしたのは前回同様、丸の内界隈のサラリーマンです。彼らが考える“素敵な女性像”からは、こんなことがわかりました。


■ 自分の立ち位置、役割を自覚できている

「自分より若い人や今時の若者と呼ばれるような相手も尊重できる人は、素敵な女性だと思います」(印刷会社/32歳)

「聞く耳を持ちながらも、自分の知識と経験を年下の子たちにさり気なく伝えたり、それが周囲のモチベーションを上げることにつなげられる女性は素敵です」(公務員/36歳)

これは次に出てくるポジティブ思考の持ち主にも通じるところがありますが、自分の立ち位置、役割をしっかり自覚しているからこそ、周囲にプラスの影響を与えることができるのだと思います。一言で言えば、“余裕”でしょうか。他人を批判的に見るより、好意的に見られる人は好かれますね。


続きはこちら

AKB総選挙圧倒的1位 独女には理解不能? 指原莉乃が支持され続ける理由

指原莉乃が支持され続ける理由先月、AKBグループによる「AKB48 45thシングル選抜総選挙」が行われた。1位となったのは昨年同様指原莉乃で、大会史上初の連覇。2位の渡辺麻友と6万7000票以上の大差をつけたことも話題となっており、独女でも「指原がまた1位らしいけど、なんでこんなに人気があるの?」と疑問に感じた人も多いかもしれない。

■ 指原に感じる「本当は1位の器じゃないだろ」感

ちなみに今回の結果を受け、独女たちに指原1位の感想を聞いてみたところ、以下のような感想だった。

「前田敦子とか有名どころが抜けたから、なんとなく指原に入れたという人が多かったのでは? でも別に可愛くないですよね」
「男性にとってはそれほど美人というわけじゃなくても、頭が良くてキャラがいいならOKなんですかね」
「指原莉乃って中国人の大富豪に強烈なファンがいて、その人が投票しまくっているから1位なんですよね? ……実際本当に人気あるんですか?」

 これらの感想に共通しているのは「それほど美人じゃないのに」という認識に対する、「本当は1位の器じゃないだろ」という釈然としない気持ち。実際今回の総選挙をうけ指原本人もスピーチでこんな発言をしている。

「私もこの1位で3回目の1位になります。どうか、どうか私を1位として認めてください!」

そんな指原莉乃がなぜAKBで圧倒的強さを誇るのか? 同じ女性としてその理由が気になった。

続きはこちら

今年のゆかたは「紺」「白」が人気! 伝統的なゆかたを着たい女子多数

株式会社資生堂「ゆかたファッション&ビューティトレンド2016」資生堂が発表した「ゆかたファッション&ビューティトレンド2016」によると、20代〜30代の女性が今年着たいゆかたの色は「紺」「白」という定番カラーとなりました。

今年着たいゆかたのイメージは「正統派」「クラシック」「伝統的」「レトロ」といった古典的イメージをあげる人が87.9%となっており、全体的に伝統的なゆかたファッションに注目が集まっていることがわかりました。

続きはこちら

デート代のおごり論争「おごられるのが苦手」独女はどうすればいいのか?

「おごられるのが苦手」独女はどうすればいいのか?男女のデートには「デート代はつねに男が奢るべきか?」「初デートでの割り勘はアリ?」等の〝おごり論争〟というものが存在する。

近年バブル期のような「デート代はつねに男性がおごるべき」という考えはほぼなくなっており、男性におごられて当然という態度をとる女性は〝おごられて当然女〟と揶揄され、批判の対象になる。ちなみに〝おごられて当然女〟にありがちな行動としてネットで語られていたのは「トイレに行くなど会計時に姿を消す」「おごられる前提でまったくお金をもってこない」「席を立つ際に伝票を渡された」などだ。

■ おごられることに疑問を持つ女性はモテない!?

とはいえおごられて当然とは考えていなくても、デートはもちろん仕事時の打ち合わせを兼ねた食事やお酒の席などで、相手の男性が席を立つ際に当然のように伝票を手に取り、会計時に全額お支払してくれるシーンに遭遇することはあるだろう。その場合、女性はどう振舞うのが正解なのか? 

「おごられる理由をどんどん追及していくと、自分が結局頼りがないとか、甲斐性がないというところに着地しそうになってちょっと怖くなるんですよね。あとはその人が自分自身の自信をつけるために、若干こっち利用されていない? とか」

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。