おおしまりえ を含む記事

サクッと一人で飲みたい女子必見!お得で美味しい飲めるファミレスはどこ?

お得で美味しい飲めるファミレスはどこ?「あー飲みたい!」そんな気分になる日もありますよね。
多くの女性は飲みたくなると缶チューハイなどを買って“ひとり家飲み”をするのかもしれませんが、せっかくならリーズナブルでカジュアルな、外でのひとり飲みをしませんか? そう、ファミレスで!

「は?ファミレス?」と驚いた方もいるかもしれませんが、ここ最近、ファミレス各社はアルコールメニューに力を入れているんです。ハッピーアワーが設けられているのは当たり前、昼でも夜でもリーズナブルに飲めると、おじさんから主婦まで大好評なのだそう。

そんなに流行っているなら活用しないともったいない! というわけで、今回主要なファミレス3店舗をアラサー呑んべえ的目線でジャッジ! 飲み物、つまみ、雰囲気、金額の4つの基準(5ポイント満点)で独身女性の一人飲みに最適なファミレスを考えます。


続きはこちら

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ

暑い夏にはふんどしが最適!密かなブームのふんどし女子にチャレンジ暑くて汗ばかりかく夏。そんな時期、特に気になるのが下着のムレではないでしょうか。筆者はけっこうかぶれやすい肌質のため、夏はあせもや下着のゴムによるかぶれが頻発。快適な環境を手に入れることができずにいます。

そんな面倒な肌質の女に、先日吉報が舞い込んできました。なんとひと昔前の男性が愛用するイメージの「ふんどし」が、女子のいろんな悩みを解決してくれるというのです。

「ふんどしって、ちょっと待て待て…」

さすがに冗談でしょうと拒絶反応を示したものの、調べていくと結構よさそうなふんどし。
ということで、今回アラサー独身女子のおおしまが、女性用ふんどしにガチでチャレンジ!その巻き心地やいかに。


続きはこちら

31歳独身。人生に迷ったので坊主バーに行ってきた

大切な人を亡くしたあなたへ お坊さんの話49山あり谷ありの人生、なんだか頑張れば頑張るほど、生きるのがシンドく感じられる時があります。バツイチ独身、今年で31歳。仕事に追われる日々を送っておりますが、本当にこのままでいいのだろうか……そんな弱い気持ちになる日があります。3日に1回くらいの頻度で!

それもこれも全て、Facebookを見てるせいなんじゃないかと思うほど迷っていたある日、ふと思いました。「そうだ!坊主バーへ行こう」。

最近密かに悩める女性の間で流行っているらしい、坊主バー。癒され、悟りを開けそうでいいじゃないですか…ということで今回は、四谷三丁目にある坊主バー「VOWZ BAR」へおじゃましました。筆者の人生の悩み、解決してくれないでしょうか!


続きはこちら

アラサーからの失恋を次に生かす人 繰り返す人 その違いとは

アラサーからの失恋を次に生かす人 繰り返す人 その違いとは結婚適齢期の失恋。それは恋が終わった痛手にくわえ、次の恋がちゃんと始まるのか? という不安でいっぱいになります。

ただ、中にはずーっとウジウジしたり、元サヤやセフレに戻ったりして、ズブズブと関係をこじらせる女性も見かけます。逆に、アラサーで失恋してもしっかりと立ち直り、次の恋や結婚へ向けて歩き出した人も。

もちろんそうなる原因はそれぞれあるとは思いますが、立ち直る人と繰り返す人に、何か特徴はあるのでしょうか。今日はそんなアラサーからの失恋について、意見を聞いてきました。


続きはこちら

ずっとおひとり様かも…そう思ったから作ってみた「30歳からのエンディングノート」

「30歳からのエンディングノート」バツイチ独身31歳。再婚はしたいけど、自分には結婚は向いてないなーと常々感じている筆者は先日、人生を考えさせられる出来事に遭遇しました。50歳の友達と飲んでいたら、彼が突然体調不良で救急車で運ばれることになったのです。

幸い大事には至らなかったものの、万が一の事があった場合について考えるキッカケとなりました。

・独身独り身
・家族とは疎遠
・親しい友人も少数
・自営業のため仕事内容を把握している人がいるか不明

置かれている状況的には、筆者も似たり寄ったりなのです。自分が突然死亡するようなことになったら、残された家族や仕事先には誰がどう連絡を取ったり、後処理をしてくれるのだろうか…。

そう思ったら、今流行の「エンディングノート」に興味が湧いてくるではないですか。「エンディングノート」とは死亡や意思疎通能力の喪失に備えて、自身の希望を記しておくというもの。アラサーからの万が一対策に、おひとり様人生を歩む可能性があるなら考えたい「エンディングノート」を実際に作ってみることにしまた。


続きはこちら

婚活最後の砦!? 結婚相談所に行ってみた

婚活最後の砦!? 結婚相談所に行ってみたいくら婚活しても出会えない! そんな声をたびたび耳にします。いい男がいない…と一言で括ってはいけないと思いつつも、もう少し真剣に結婚を考えていて、面白みと清潔感とコミュ力のある男性はいないものか…なんてワガママを筆者も抱きます。そこで今日は、婚活最後の砦でもある「結婚相談所」に突撃してみることにしました。


■ 結婚相談所の門はとにかく重い…

いわゆる本気の人がいく所というイメージの結婚相談所。周りに入会経験を聞いてみるものの、意外と見つかりません。唯一、説明会に参加したことがあるという女性に話しを聞いてみたところ「押しの強そうなお姉さんから、2時間延々と説明をされて怖かった」とのこと。大丈夫なんだろうか…。

足取りは正直重めに、周りの人になるべく見つからないように縮こまりながら、結婚相談所に到着しました。

続きはこちら

結婚の本当の決め手って何ですか? 経験者にズバリ聞いてみた

結婚の本当の決め手って何ですか? 経験者にズバリ聞いてみた結婚。それは男女が契りを交わし、夫婦となる法律行為です。「この人しかいない!」と思って結婚できるのが一番ですが、中には妥協や妥当という言葉の元に結婚相手を選ぶ人もいるでしょう。離婚が増える昨今、どんな気持ちと理由で結婚するのが正解なのでしょう? 本日は結婚経験者に、「ズバリその結婚、決め手はなんでしたか?」と聞いてみました。


続きはこちら

「BARは出会える」は本当か?アラサーが単身乗り込み大実験

「BARは出会える」は本当か?アラサーが単身乗り込み大実験「出会いたいなら一人飲みがオススメ」

生まれてきて30年、このセリフをすでに5人くらいから聞きました。しかし家飲み派で外での一人飲みをしない筆者からすると「何で出会えるの?」という疑問だけが残ります。そこで今回は、BARへの一人飲みを決行。本当に出会えるのか調査してきました。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。