恋愛ウォッチャーaYa を含む記事

恋愛観は生まれ備えたもの? 悲恋好きはまた悲恋を選ぶ

恋愛観は生まれ備えたもの? 悲恋好きはまた悲恋を選ぶアラサーになると、だいぶ自分のことを理解できるようになっているわけですが、それでも変わらない、変われない、本当のところ変わる努力すらない部分が誰しもあるのではないでしょうか。今回は悲恋好きなIちゃんのお話をしたいと思います。

■ 一般的な幸せでは満たされない女

Iちゃん(33歳)はどこにでもいるような会社員です。料理が上手で愛想の良い、はたから見れば「お嫁さんにしたいタイプ」なわけですが、20代の頃は2股をしてみたり、彼が3股しているうちの1人だったり、はたまた不倫に溺れたりと、ハチャメチャな恋を繰り返していました。けれど恋をしているときのIちゃんはいつもキレイで、ダメ男との恋でも輝きを放つ彼女をどこか羨望の眼差しで見つめていた筆者がいた気がします。

続きはこちら

男性でも女性でも使える! 断れられないデートの誘い方

男性でも女性でも使える! 絶対に断れられないデートの誘い方先日、仕事でお声がけいただいた男性に、ユニークなお誘いを受けました。単純な筆者はうっかり誘導されてしまったわけですが、きっとこの手法はデートにも応用できるのではないでしょうか。

■ 仮定の選択肢を2つ以上与える

さっそくですが、筆者が受けたお誘いをご紹介します。

「次の仕事なんだけど、映画の試写会と街コン潜入どっちやりたい?」
「でさ、これからランチ行きたいんだけど、パスタとハンバーグ、お寿司ならどの気分?」

もうおわかりでしょうか。そう、何を選択しても答えは「YES」になります。
結局、筆者は断る隙もなく、仕事もランチも自ら選択したわけですが、結果的に“自分で選択した”という能動的な言動も、このテクニックの利点と言えるのではないでしょうか。

日本人は律儀ですから、“自分で決めたことは最後まで責任を持つ”なんて変な責任感が芽生えたり、例えばこれがデートのお誘いであれば、何とも想っていない相手であっても、自らデートの場所や時間を希望したことにより、秘められていた恋心に気づく!な~んてことがあるかもしれません。


続きはこちら

「何この人?」突如訪れる“イライラ”を解消する方法

「何この人?」突如訪れる“イライラ”を解消する方法先日ちょっとしたことで彼にイラッとしました。その原因は本当に些細なことだし、せっかくのデート、最後まで楽しい気持ちで過ごしたいと頭では思うものの、なかなか落ちたテンションは戻りそうにありません。彼からしてみれば「また?」「何でいきなり?」といった心境のようですが、この突然訪れるなんとも言えないイライラや怒り、テンションダダ下がりな心境、きっと女性には共感いただけるのではないでしょうか。

そこで今回は、イライラした時に気持ちを盛り返す方法を考えてみました。

続きはこちら

35歳から人生が変わる?独身35歳・これからの生き方

35歳から人生が変わる?独身35歳・これからの生き方筆者の友人は、学生時代から「早く35歳になりたい」と言い続け、年を重ねることを楽しみにしていました。そしてついに先日、めでたく35歳を迎えました。今回はそんな彼女から学んだ、35歳を超えてから変わることについて考えてみました。

1.「結婚まだ?」というセリフが減る
国勢調査によると、平成12年時点で35歳~39歳・未婚だった人の中で、10年後の平成22年に結婚できている割合は「男性で約4%、女性は約1%」だそう。つまり、それまでは「まだまだ結婚できるよ!」と言っていた周囲の人たちも、さすがに35歳を超えると難しいという現実を知るのか、結婚について言及することがなくなると言います。それは親や親戚もしかりのようで、だいたい35歳を過ぎると、結婚話をもちかけづらいとお盆に会った叔母も言っていました。

続きはこちら

男子に聞く!思わずLINEを返したくなる送り方とは?

男子に聞く!思わずLINEを返したくなる送り方とは?3年前に離婚した友人に、最近ちょっといい人が。けれど、その恋模様は不安定だそう。聞けばLINEの返信がなかなか来ないのだとか。数日経ってから「ごめん、忙しくて今LINE見た!」なんて返信をしてくる男性、たまにいますよね…。

そんなLINEの返信が来ない対策には何が有効なのか? を男性に聞いてみました!

■ 相手の関心を引き寄せるスタンプ&画像作戦

例えば、メッセージだけではなくスタンプや画像を最後に送るのはどうでしょうか?

「確かにスタンプとか画像を最後に送られると内容がわからないから開いてみたくなりますよね。その作戦、僕も今度つかおー」と語るのは、都内在住のT氏32歳。

テキストのメッセージだけだと、文頭の30文字くらいは開かずに読めるため、その内容だけで判断して開くのを躊躇することってありますよね。場合によってはあまり緊急性がないと判断し、後回しにしてしまうことも…。

続きはこちら

大人の恋は難しい。「結婚」を意識することで停滞する「恋愛」

大人の恋は難しい。「結婚」を意識することで停滞する「恋愛」いつかはしたい結婚。準備はできているのに一向に出会う気配がない結婚相手。今宵は結婚相手を見つけることに必死で恋ができないA子と、結婚したいから恋をしないと決めたB子のお話をしたいと思います。

■ 女性だけじゃない!実は男性も「結婚」を意識しすぎていた

「やっぱり好きな人と結婚したい! そこだけは妥協できない!!」と豪語するA子33歳。商業高校を出て夜の仕事を経験し、このまま年を重ねてはアカンと23歳に改心した後は、大手企業で派遣社員として働く日々。長身で細身、かつオシャレな彼女の写真を男友達に見せると、だいたい高評価を得られる飲み会にはもってこいの要員です。

しかし、出会いはあってもなかなか本命にはなれないA子。月に2回は飲み会に参加し、翌週にはその中の数人と個別デートを重ねるにもかかわらず、なかなかそこからの進展がありません。そもそもA子は、外見と年収が見合った人でなければデートの誘いも断るタイプ。だからデートした時点で、A子の気持ちは超前向き。相手が告白してくれれば交際を決意し、もっと好きになれるはずだと言います。

続きはこちら

シミ・そばかすを撃退! フォトフェイシャル体験で変化した美容観

フォトフェイシャル体験で変化した美容観みなさんは月、いくらくらい美容代を捻出していますか?

基礎化粧品やコスメ、美容院やネイル・エステサロンなど、毎月何かしら美容への出費があるのではないでしょうか。今回はこの夏、筆者が体験したフォトフェイシャルと、それを通して学び得たことを報告します。


■ 決意! シミ・そばかすを撃退!!

今は小学生でも日焼け止めを付ける時代のようですが、筆者が子どもの頃は夏といえば日に焼けるもの! 20代前半くらいまでは率先して色黒になっていたような気がします。しかーし、遺伝や体質もあるのかもしれませんが、気がついた時にはそばかすだかシミだか区別がつかないほどの黒点だらけに…。限界を感じながらもファンデーションで隠し続けてきましたが、30も半ばになると厚化粧ババア化まっしぐらです。ビタミンを摂取するなど長い目で見て効果的な方法はあるのかもしれませんが、ここは一念発起! 手短かつ効果的な方法を模索するため、美容皮膚科を検討してみることにしました。

続きはこちら

アラサーからアラフォーになる中で変わる4つのこと

アラサーからアラフォーになる中で変わる5つのことこの夏、学生時代の友人と集まりました。メンバーは既婚者1名、独女5名の計6名。学生時代はバカばっかりしていたのに、30も半ばになりすっかり落ち着いてしまった面々。

アラサーからアラフォーに移り行く中で、一体どんなところが変わってしまったのでしょうか。

1.恋バナが減る

10代20代の頃はあんなに恋バナばかりしていたのに、いつの間にか恋愛の話が遠のくようになりました。はっきりとした理由はわかりませんが、全体的に恋に疲れてしまった感が否めません。大恋愛と大失恋を経験し、精根尽きた状態とでも言いましょうか。「恋愛はもういいかな…」と結婚をしない人生を考えるようになり、恋に浮かれることが少なくなっています。

たとえ恋をしたり恋人ができたりしても、結婚が決まるまでは友人にも打ち明けないなど、恋愛話そのものがタブーといった空気が漂っていることもあります。「自分は言わないし聞かないから、あなたも私のことには触れないで!」というオーラを放ちがちなアラフォー世代。恋の話ができる、盛り上がれるというのも若さの特権ですね。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。