来布十和 を含む記事

彼のスマートフォンを覗き見したそのあとは?

彼のスマートフォンを覗き見したそのあとは?■「き→キス」スマホの予測変換から疑惑が発覚

彼が自分の部屋に遊びに来て、スマートフォンを忘れて置いて帰ってしまった。もちろん部屋にいるのは自分だけ。彼のスマホを覗き見する絶好のチャンス! さあ、見ますか? 見ませんか? 見たらどうなりますかッ!?

独女通信ユーザーにアンケートをとったところ、上記のような状況でないにしろ、彼氏のスマホを「こっそり見たことがある」人と「見たことはない」人はほぼ半数ずつだった。ある調査によれば、女性はスマホを覗き見する人の割合が、男性の約3倍もあるそう。疑い深い女がバカなのか、男が能天気すぎるのか。

続きはこちら

恋愛意識高い系女子、本当はモテないんじゃないか問題

恋愛意識高い系女子、本当はモテないんじゃないか問題美女風のアイコンを使用し、Twitterなどでおもに男性相手に恋愛指南をつぶやく恋愛意識高い系女子が増殖している。彼女らによれば、女のコはファッションやメイクにお金をかけているのだから男がデート代を出すのは当然であり、食べログ3.5以下の店に連れて行く行為は万死に値するのであり、車を持ってないのならタクシー代を寄越しなさいと要求する。

男ならば「○○食べたーい」と何気なく女のコが言ったことを聞き逃さず、次のデートで与え、彼女からのLINEはすぐに返事をして、彼女が不機嫌なときも慌てず騒がず紳士的になだめるべし……って、もはや恋愛じゃなくてクライアント接待じゃん! 彼、いつの間にか優秀な営業マンに育っちゃうじゃん!

こうした発言に対して不満を持つ男性は多く(でしょうね)、ネット上では今日もどこかでボヤ火災が起きている。ただ、彼女たちが現実世界でわがまま三昧に振る舞っているかといえば、おそらく否だろう。なぜネットでは強気に出てしまうのか。

続きはこちら

「モテるでしょ?」と聞かれたらどう答える? モテる子、モテない子の根本的な違い

「モテるでしょ?」と聞かれたらどう答える? モテる子、モテない子の根本的な違い■ カネがかかる女と付き合う男側のメリットって?

「そこそこキレイなのにモテそうにない」女友達を思い浮かべてください…浮かびましたか? 芸能人でいえばどんなタイプですか? 

2013年に『週刊女性』が発表した「男が嫌いな女タレント・芸能人」ランキングでワースト10入りした人の中から、モテの範囲内の女性といえば「神田うの」「倖田來未」「ほしのあき」「浜崎あゆみ」「長谷川理恵」「熊田陽子」「菊川怜」。

過度なエロを売りにしている(と思われている)元グラドル群と倖田來未は、30歳を過ぎ、結婚して母になってもいっこうに止む気配のないフェロモンが、逆に男性陣の嫌悪感を生んでしまった模様。「既女でもエロ、母でもエロ」って、もはや一部のマニアにしか喜ばれない。由美かおるの、なんと偉大なことよ……。

「神田うの」「浜崎あゆみ」「長谷川理恵」「菊川玲」の系譜はプライドが高く、カネがかかりそうなイメージ。デートでファミレスに連れていったら「男の甲斐性は食に始まり食に終わるのよ」などと、もっともらしい説教をくらいそうで怖い。シティホテルではなくラブホに連れ込もうとしたら、人間失格扱いされ、心も息子もへしおられそうで怖い(※すべて勝手なイメージです)。冒頭の「キレイなのにモテそうにない」一般人によくあるタイプが、後者だ。

続きはこちら

ポニーテールが許されるのは何歳まで?

ポニーテールが許されるのは何歳まで?■ 揺れるしっぽにチラリズムを感じる

世の中には、ポニーテールが結べる女と結べない女の2種類が存在する。ポニーテール、それは女子マネ―ジャーの髪型。ポニーテール、そういえば小保方さんも結んでいたっけな。ポニーテール、それはモテの象徴。

そもそもなぜ、男たちはポニーテールが好きなのか? SEのタケオさん(32歳)は「見えそうで見えないうなじがタマらない」と言う。

続きはこちら

女子アナ内定取り消し騒動の笹崎さんを嫌いになれない不思議

女子アナ内定取り消し騒動の笹崎さんを嫌いになれない不思議独断と偏見だが、同性から嫌われる職業NO.1といえば「女子アナウンサー」である。正確にいえば「嫌われる」のではなく「嫉妬される」。なかでも天敵扱いされるのは、媚び力の高いぶりっ子キャラの女子アナだろう。昨年秋に発表された「週刊文春」の嫌いな女子アナランキングでは、カトパンこと加藤綾子アナが断トツの1位で、以下、田中みな実アナ、高橋真麻アナと続いた。わかるー! 女性読者限定のアンケートではないものの、カトパン、みな実への「計算高い」「派手」「媚びている」という女性読者からの指摘は、まるで自分が回答したかのような錯覚を覚えてしまう(真麻にはこうした指摘は皆無)。

女子アナが妬まれる理由はごく明快。持って生まれた容姿だけを武器に、甘い汁を独り占めしているように見えるからだ。そもそもテレビ局の内定倍率はざっと1000倍であり、相当難関。一般庶民は入社するどころか、テレビ局勤務の男性と交際することすら難しい。顔面レベルが高い(でも女優級ではない)、その一点で女子アナは芸能人にチヤホヤされたり、運がよければ大リーガーと玉の輿婚しちゃったりと、人生得しすぎだろうとハラオチしない存在なのである。

他方、顔面偏差値低めの高橋真麻が嫌われる理由はもっとわかりやすく、たいしてかわいくないのに美人特権枠の女子アナに食い込んだから。はるか昔から「人間は外見より中身が重要」といわれつつも、とかくこの世は不細工に容赦ない。本人がいくら努力していようとも相対的に不細工と判断されると、何をしても「ブスのくせに」で終わってしまう。結果、表舞台に立つためにはブスキャラを演じるしか術がなくなる。

そして考えたいのが「日テレの女子アナ内定騒動」で裁判沙汰となった笹崎里菜さんの存在である。これが不思議と、嫌悪感が沸かない。

続きはこちら

嘘か真か!? クチコミサイトとの上手な付き合い方

嘘か真か!? クチコミサイトとの上手な付き合い方忘年会や新年会の会場探しで、クチコミサイトを利用する人も多いはず。日本有数のグルメサイト『食べログ』では、3.5点以上の店は全体の3.49%、4.0点以上にいたってはわずか0.14%で、「3.5点以上を超えるお店は高い確率で満足できる」とアナウンスしている。

けれど「食べログに限らず、クチコミサイトという特性上、安くて旨い店は見つかりにくいのではないか」とは、多くの媒体でグルメ記事を手掛けるライターのKさん。

「高級レストランは料理もサービスもいいため、高得点が出やすい。500円でうまい定食を食べさせてくれる古びたカウンターのお店と同列に語るのは、そもそも無理があるんです」

ファッションでいえば、「しまむら」と「エルメス」が同じステージで評価されているようなもの。5.0点のエルメスのレザーパンツよりも2.8点のしまむらの裏起毛デニムの方が、実感的には上ということは往々にある。

Kさんいわく、「飲食店は点数と同じくらい評価人数を重視した方が失敗しにくい」。訪れた人数が多いのは人気店の証でもあるからだ。10人のマニアックな☆4よりも100人の☆3。裏起毛デニム的庶民の店は3.5点未満のなかにこそ、ある。

続きはこちら

混んでいる日でも楽しめる! 東京ディズニー裏ワザ8

混んでいる日でも楽しめる! 東京ディズニー裏ワザ8カップルたちの憧れでもあるクリスマスの「ディズニーデート」。だがクリスマスは、夢の国だって掻きいれどきである。『スプラッシュ・マウンテン』は3時間待ち、下手すりゃ『イッツ・ア・スモール・ワールド』ですら30分待ち。しかたなしに、待ち時間の少ない『いかだ』に乗って、家族連れに囲まれながら「トムソーヤ島」に渡っていくカップルたちを目にすることもしばしばだ。

その混雑ぶりから、「ディズニーに行くと別れる」という噂もささやかれているが、だったら「行かなければいい」というのは野暮。知恵と情報を駆使して、混んでいるディズニーを満喫すれば、カップルの絆も強まるかもしれない。そこで、ディズニーに詳しい独女およびTDR近隣住人から、パークを満喫するコツを集めてみた。ぜひ参考に!

続きはこちら

並の女こそ陥りやすい「恋愛クレーマー」の罠

並の女こそ陥りやすい「恋愛クレーマー」の罠30代になって「ここ数年、彼氏がいないんですよ」と打ち明けると、「○○さんはかわいいのに、なぜなのでしょうね?」と返されることはないだろうか。いや、ある。「私、もう30過ぎているんです」「えー見えない」、「最近太っちゃって」「えーどこが」と同じく、社交辞令の殿堂といっていい「かわいいのになぜ問題」。「かわいいのに」彼氏がいない独女たちには共通点がある。容姿が「中(ちゅう)の中(ちゅう)」なのである。

“中の中”女は写真写りや化粧ノリ、相手の主観によって評価が大きく分かれるため「かわいい」と「ブス」の間で女としての偏差値はゆらぎまくる。人生に1度(※3度も来ない)のモテ期では、奇跡的にイケメンから猛アタックを受けるようなこともあったであろう。しかし、ささやかな成功体験は恋愛に対する野心を奪うのだ。

“中の中”を自認する沙織さん(33歳)はここ数年、結婚意欲がまるで沸かない。30代直前に訪れた寿ラッシュのときは焦燥感を覚えたが、幸か不幸か親しい友達は独身仲間として残った。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。