おおしまりえ を含む記事

初詣にはコツがある!ちょい足しすると運気が上がる参拝方法

初詣にはコツがある!ちょい足しすると運気が上がる参拝方法2016年ももう終わり。今年はみなさん、素敵な1年になりましたか?
2017年はもっと素敵な1年にしたい。そう思うひとはまず、年明けの初詣から始めるのもいいでしょう。でも、ちょっと待った! その参拝方法じゃ、運気アップは望めないかも…。

そこで今回は声優業を務める傍ら、占い師としても活躍し「神さまを100%味方にする 開運和柄 日本人のDNAに秘められた《願望物質化》」の著者である富士川碧砂さんに、今すぐできる運気が上がる初詣の仕方について教えていただきました。

続きはこちら

折角の休みが台無しに! 気をつけたい“年末年始ソロ活動”

折角の休みが台無しに! 気をつけたい“年末年始ソロ活動”年末年始、多くの人が実家へ帰省したり仲間と過ごしたりと、のんびり楽しい休暇を過ごすことでしょう。その一方で、特に都心部で働く独身女性の中には、実家に帰る面倒くささや気まずさからひとり自宅で年越しする人も。

落ち着いて心身をリフレッシュできれば何でもいいと思いますが、この休暇の過ごし方を間違えると、1年のスタートをしくじることになります。休みを満喫していたはずが、なぜこんなことに?…今回はひとり年越しをしたことのある独身女性に、避けた方がいい年末年始の過ごし方について聞いてみました。


続きはこちら

子宮を大切にすれば幸せになれる? 注目が集まる「子宮力」と女性

子宮を大切にすれば幸せになれる?注目が集まる「子宮力」と女性2016年を振り返ると、「子宮」というキーワードに注目が集まっていたように思います。

たとえば「願いはすべて、子宮が叶える 〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜(河出書房新社)」や「子宮の中の人たち リアルタイム妊娠まんが(KADOKAWA)」といった、描く内容は異なっていても「子宮」をテーマにした書籍がちらほら。

2015年には「ジェムリンガ」という膣に入れるパワーストーングッズが衛生面で問題になりましたが、そのときからすでに健康面だけでなく、心の面でも「子宮」という場所に注目が集まっていたのかもしれません。

■ “子宮系女子”とは何者か

2015年頃から聞くようになった「子宮系女子」。そもそも彼女達は一体何者なのでしょう。

続きはこちら

チェック柄は若すぎる? 30代から気をつけたいファッションとは

チェック柄は若すぎる? 30代から気をつけたいファッションとは「チェックって30代には若すぎるよね」先日筆者は女友達と話していて、この発言に衝撃を受けました。

その話によると、チェック全般が若すぎるというわけではなく、スクールガールを彷彿とさせる「アーガイルチェック」や「タータンチェック」は30代が取り入れるには若すぎるとのこと。今まで全く気にしていなかっただけに「確かに印象は若いかも…」と妙に納得。

見た目の印象が変わる30代、ファッションに気を配らないと、思ってもみない「若作り認定」につながる可能性もありそうです。今回は、世のアラサー女性はどんなファッションに気を使っているのかを聞いてみました。

続きはこちら

何か始めたくなる秋! 女磨きに役立つか? 習い事にレッツチャレンジ

何か始めたくなる秋! 女磨きに役立つか? 習い事にレッツチャレンジ一気に冷え込み始めた11月。みなさんは実りの秋を堪能していますか? 芸術の秋や読書の秋など、何かを始めるにはもってこいと言われるこの季節。ズバリ女を磨くためにも習い事を始めてみてはどうでしょう。

女子力を磨くか、ダイエットに力を入れるか、流行りの習い事を楽しむか。どれも楽しそうではありますが、習い事って始めるまでが正直面倒くさかったりしますよね。そこで今日はそんな迷えるみなさんのために、体を張って各種習い事をガチ体験してきました。

続きはこちら

スマホのデータ削除で運気が上がる? デジタル断捨離のススメ

デジタル断捨離のススメ普段何気なく使い続けているそのスマホ。たとえば突然友達から「どんなアプリ使ってるのか見せて!」なんて言われたら、あなたはすんなり見せることができますか?

不要なアプリがずらっと並んだ画面。3分に1回くらい鳴りまくる通知(ほとんど見ない)。写真フォルダや電話帳には、使いもしないし見もしないデータがわんさか溜まってるなどなど。はっきりいって“きれいに整理整頓されたスマホ”とは言いがたいものがそこにはあったりしませんか?

スマホは今や第二のあなた自身と言えるほど、私たちの生活の一部になっています。そんな第二の自分自身が、汚くて整理整頓されていなければ、運気や心の状態が悪くなるのもなんだか納得いきますよね。実は今、こういった人たちの間で「デジタル断捨離」なるものが流行っているそうです。

簡単にいうと、スマホやPCなどの電子機器から不要なファイルを削除し、きれいにすること。お掃除が苦手な人からすると、面倒でしんどいこの行為。今回、筆者は体を張ってスマホの中を大掃除してみましたが、はっきり言って面倒!の一言ですが、最後には思わぬ嬉しい出来事もありました。

続きはこちら

結婚で壊れる友情と、続く友情は何か違うのか?

結婚で壊れる友情と、続く友情は何か違うのか?30歳になり、筆者の周りは第2次結婚ラッシュの真っただ中です。それに加えて出産ラッシュも続いています。だんだんと友人関係も変化を迎え始めるこの頃ですが、ふと周りを見渡すと、結婚や出産を機に疎遠になってしまう友人関係と、頻度は変わっても変わらず続く友人関係の2つに分かれる気がします。

それぞれの違いに共通点はあるのか、今日は壊れてしまった友情と続いている友情を比較しながら、女心を探っていきます。

続きはこちら

美人はしぐさが違う?美人なしぐさを今すぐ手に入れる方法

美人はしぐさが違う?美人なしぐさを今すぐ手に入れる方法容姿というのは、残酷ですが生まれながらに違いがあるものです。整った顔立ちやプロポーションを持った人は、それだけで美人に見える要素を多く持っているといえるでしょう。しかし、容姿 “だけ”で美人が決まるのであれば、女性の美しさは年齢とともに消えてなくなってしまうはずです。

世の中には若くて美しい女性が沢山いますが、年齢関係なく上品さや可憐さを兼ね備えた美しい人も存在します。彼女たちの美しさの秘訣をみていくと、1つにしぐさが違うことが挙げられます。写真に映るポーズはもちろん、ちょっとした立ち姿や所作も美しい女性、憧れますよね。

今日はそんな美人なしぐさを学ぶ事ができる1冊「美人な『しぐさ』(中井信之著・ディスカバリー21)」をご紹介します。美人のしぐさには、しっかりとした理論があるようです。


続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。