たえなかすず を含む記事

「姉さん」と呼ばれる女たちにみる、複雑な乙女ゴコロ

「姉さん」と呼ばれる女たちにみる、複雑な乙女ゴコロ「姉さん」「○○姉さん」「○○姉」と呼ばれることは、「○○さん」より近い存在と思ってくれているようにも感じますが、本当のところはどうなのでしょうか?

そこで、独女通信で「あなたには、つい『姉さん』と呼んでしまう女性はいますか?」とアンケートを取ってみたところ「はい」が約70%、「いいえ」が約30%という結果となりました。また「『姉さん』と呼ばれたことはありますか?」でも「ある」が約80%、「いいえ」が約20%と似たような結果に。


■「姉さん」と呼ばれて嬉しい反面、複雑な感情も…

当の「姉さん」と呼ばれている女性たちは、「頼りになるのかな?と嬉しい」「◯◯さんと呼ばれるよりも姉さんと呼ばれる方が慕われてるような気がするし、単純に嬉しいです」と、ほとんどが「嬉しい」と感じているよう。

続きはこちら

男が許せないのはどこから? 恋愛にまつわる武勇伝

男が許せないのはどこから? 恋愛にまつわる武勇伝女同士の飲み会で盛り上がるのが、恋愛にまつわる武勇伝。武勇伝と言うからには勇ましいエピソードなのかと思いきや、“恋愛”と冠がつくと途端に「聞いたほうがビックリする話 」「普段暴露できない話」に変わる。女同士だと盛り上がるけれど、これってやっぱり男性には言っちゃダメ…? そんな恋愛武勇伝を聞いた男性は、どう思うのだろう?

続きはこちら

またイケメン俳優が結婚! 独女の悲鳴は「共有財産の喪失」から

またイケメン俳優が結婚! 独女の悲鳴は「共有財産の喪失」から連日のようにイケメン俳優結婚のニュースが日本中を駆けめぐった先月。私たち女性陣はショックでから揚げを落っことしたり、「早退します」とツイートしたりと忙しい。よく考えてみると、男は女性芸能人の交際・お泊まり発覚に敏感で、女は男性芸能人の結婚に敏感、そんな気がしませんか。

これは、男性が処女性を求めているからではないでしょうか。処女でもないのに…と思うけれど、動物行動学的にみると「処女であれば、他の男の子どもを妊娠していない」ということになるのだとか。だからこそお泊まりなんてダメ! と男性たちは騒ぐのでしょう。逆に女性は「守ってもらうことを重要としている」から、結婚の話に敏感。守ってもらえる男が一人減った…と悲しんでいるということなのかもしれません。

しかし、イケメン俳優の結婚を嘆く女性の多さに「ネット上だから大げさに言っているのでは?」という疑問が浮かび、アラフォーの静香さん(39歳)、向井理のガチファンでアラサーの麻衣さん(29歳)に意見を聞いてみることにしました。

続きはこちら

独女世代の長姉、バブル姉さんの心をつかむ方法

独女世代の長姉、バブル姉さんの心をつかむ方法独女の中でも先輩にあたる、40代半ば~50代過ぎのいわゆる“バブル世代”の姉さんたち。明るくアクティブ、仕事もバリバリ、そしてそんなバリバリな自分が大好きな、とても楽しい人たちです。

私たちにとってそれほど害はないのですが、イマイチ空気が掴めず扱いに困ることも。しかし味方にすればとても心強いので、ここで姉さんたちの扱い方を一度おさらいしておきましょう。

青春が終わらない姉さんたち

「今も青春ですよ」そう語るのは、恋愛も仕事も全力投球のバツイチ良美さん(48歳)。現役のバブル世代だ。

続きはこちら

サバ読みではないけれど、忘れがちな女性と「年齢」

サバ読みではないけれど、忘れがちな女性と「年齢」普段から年齢をあらたまって他人に言うことも少ないため、あまり意識することがない。そのうえ気を使っているのか、相手もこちらの年齢を聞いてこない。そんなこんなで、トシを忘れていることが多い気がします。

ありがちな「自称・29歳」なギャグや、ざっくり「アラフォー」とボカして言うことに慣れてしまっており、筆者の周りの女性たちに聞いてみても「書類に年齢を書く欄で一瞬手が止まる」「思い出すのはテレビで芸能人の年齢をみたとき。『あ、この人と同級生だったんだ…』」と、だいたいはこんな感じ。

その芸能人が若くみえることに愕然としても「この人は女優だから」とすぐ立ち直るが、距離が近しい人の年齢には少し敏感になる。「私のほうが若いかな」とちょっと優越感に浸ったり「へえ、そんな年齢には見えない」とビックリしたり、ひそかに格付けすることも。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。