北村美桂 を含む記事

「アラフォー独女」と聞いて周囲が求めるリアクションにウンザリ…

「アラフォー独女」と聞いて周囲が求めるリアクションにウンザリ…独身である=肩身が狭い思いをしているだろうという思い込み。周囲にそういうリアクションを期待されているのが嫌だという独女が多数いる。

ミサさん(40歳)は「部署の女の子が全員結婚してしまい、独女は私だけになってしまいました。『そろそろミサさんにも誰か紹介してやらないとな!』と悪びれず、上司に言われたことがありました。それを聞いた周りの既婚の女性たちが『ひどいセクハラだ!』と私の代わりに怒ってくれていますが、正直困惑しました。全然なんとも思っていませんでしたし、上司は気をつかえない無邪気な性格なので…むしろ、いちいち敏感なのは周囲の女性だと思います」

続きはこちら

アラフォー独女が思う。正直迷惑「結婚は?」という要らぬ問い

アラフォー独女が思う。正直迷惑「結婚は?」という要らぬ問い「年齢を言うと、『旦那さんとは…』とカマかけて結婚しているかどうかを聞いてくる人、結構いますよ」と話すのは、エミさん(39歳)。

その探られ方に憤りを隠せない。「この年齢で結婚していないと、ダメなんですかね。正直結婚していようが、していまいがバックグラウンドとかどうでもよくないですか。聞いてくるのは図々しい系の女性に多いです」(エミさん)

続きはこちら

アラフォー女子の結婚報告に、周りの独女はどう反応するか?

アラフォー女子の結婚報告に、周りの独女はどう反応するか?半年の交際で結婚するマチコさんは39歳。相手は借金もなく、特に突っ込みどころのない同じ年の会社員だ。マチコさんの彼氏いない歴は10年。まったく男っ気のない30代を過ごしてきた彼女は、結婚したことを独女の友人に伝えるのがちょっと怖いのだという。

「私自身、独女の友人の結婚は心から喜べなかったんです。『また置いて行かれた!』と悲しかったり、悔しかったり、モテない自分がトコトン嫌になりました。かといって、日経ウーマンでみるようなキラキラした仕事をしているわけでもないし、貯金も手薄。一時期は生きている意味が無いと思って、自暴自棄になっていました(笑)。だから、まさか自分が結婚するとは思っていなかったし、周りの独女たちも私は結婚しないと思ってたんじゃないですかね」

続きはこちら

ベテラン独女とワーママ、職場の人間模様

いじけた独女より、新米ワーママのほうが気持よく働いている?ワーママといえば、子供が熱を出して急に休む、時短勤務で残業ができないなど、労働時間の短さゆえ「こっちは残業しているのにずるい」「仕事のしわ寄せは他の人がかぶる」などという懸念材料が思い浮かぶが、最近は事情が変わってきているようだ。

ワーママと働く事が多いオオハラさん(35)は、社歴8年目のベテラン独女。しかし、ワーママにとても好意的だ。

「うちの会社にいるワーママはすごく前向きで頑張りやの方が多いんです。専業主婦歴が長かったので、なかなか理解ある仕事が見つからなくて苦労したようです。中には職場のマタハラを経験した人もいて、余儀なく産休を使わず会社を辞めたなんていう方も。『ちいさな子供がいるのに雇ってもらえただけで嬉しい』と、庶務的な仕事でもすごくイキイキ仕事をする様は気持ちがいいですよ」
続きはこちら

あなたは運がいい?悪い? 巷に運について聞いてみた

あなたは運がいい?悪い? 巷に運について聞いてみた1月13日放送の朝の情報番組「あさイチ」では、「運が良い1年にしたい!」というテーマで、運が良くなるにはどうすればいいかを紹介していた。

それによると人と比較せず、予期後悔をしないことが運のいい人の特徴なのだとか。

とりあげられた運のいい人の事例として、貯金が1,000円を切っているのにも関わらず、半年後にセドナに行く!と宣言した結果、本当に行けたというものがあった。

続きはこちら

頼むからほっといて…独女の悲喜こもごもな指輪事情

頼むからほっといて…独女の悲喜こもごもな指輪事情薬指に指輪をしていたら、右は恋人、左は結婚を表すと言われている。

しかし、最近はあまりその意味を成していないことも多いようだ。

仕事に熱心な自営業のタカコさん(36)は、クリスマス以降、右手の薬指に指輪をはめだした。

「だいたい突っ込まれます(笑)彼氏出来たのなんて。やっぱり普段恋愛の影も形もないんでしょうね。すぐみんな気づきます。これは、そういうことを言われたくないからつけ始めました。いなきゃいないで気を使われるし、ほっといて欲しい。だから、『安心してください、彼氏はいますよ」アピールです。彼氏の設定? 遠距離にしてあります。そうすれば休日一人でいても自然ですから」

周囲の無言の気遣いにうんざりしているのだそう。タカコさんは「他に関心事ないのかって思いますけど、しょうがないですよね」と、非常にめんどくさそうだった。

続きはこちら

健康だけが取り柄は意外と不健康? アラフォーの健康事情

健康だけが取り柄は意外と不健康? アラフォーの健康事情35歳以上にもなると、独女でも経験者の増える「人間ドック」。年齢が上がるに連れ、病気のリスクはさけられないものだ。人間ドックを受けて重大な病気を未然に防ぐことができたというのは、マヤコさん(35歳)。

「健康が取り柄だと思っていましたが、検査の結果大腸ポリーブが見つかったんです。ほうっておくとがんになるものだったので、緊急で手術。2週間ほど会社を休みましたが、重大なことになる前に見つかって本当に良かったです」

続きはこちら

飲みすぎ、食べ過ぎ、運動不足の無限ループ。スリム独女にきいた、正月太りを防ぐテクニック

飲みすぎ、食べ過ぎ、運動不足の無限ループ忘年会まっただ中の12月。

連日飲み会続きという独女も多いだろう。さらには年末年始、あまり動かず家で豪華なものをたくさん食べるシーズンでもある。

そんな太れと言わんばかりのこの時期を、スリムに乗り切っている独女に話を聞いた。

続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。