堂ナツコ を含む記事

あなたの周りにもいる? 朝から大迷惑、不機嫌な「オノマトペ女」注意報

オノマトペ女カツカツカツッ、ドン、ドカッ、ムスッ、ハァ~ァ……。

これは一体なんの擬音だろうか?

想像してみよう。例えば、朝、出社したA子さんが不機嫌そうな顔でカツカツカツッと入ってきて「おはようございます」の挨拶もなしにバッグをデスクの上にドンと置き、ドカッと椅子に座りムスッとした表情でハァ~ァと溜息を漏らす。

そう! 出社と共にイライラとした雰囲気を醸し出し、周りの人に不快感を与える不機嫌オノマトペ(擬音)女の登場シーンだ。この面倒な不機嫌オノマトペ女、少なくとも一社にひとりは生息しているのではないだろうか?

続きはこちら

オナラやゲップじゃなかった!僕が彼女に本当に幻滅した瞬間

100年の恋も冷める瞬間とは一体どんな瞬間なのか?

例えば、彼氏の前でオナラやゲップをしてしまった時? 確かに潔癖性や神経質の彼氏だったらあり得る話かも?

いいや、結婚を視野にいれた妙齢男女の間柄ではそんなちっぽけなことは大して気にならないようだ。

続きはこちら

あまちゃん効果?! 今、独女が地元に帰るということ

2013年度上半期、国民的人気ドラマとなり大ブームを巻き起こしたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。

先月最終回を迎え「出勤前の楽しみがなくなった」とか「あまちゃんが終わってしまって心にぽっかり穴があいてしまった」という“あまロス(あまちゃんロス症候群)現象”が話題となった。
続きはこちら

危険! オーバー35の甘顔メイク

デカ目、タレ目、ぷっくり涙袋、つけまつげ(以下、つけま)など、若い女性の間で流行している甘顔メイク。いつまでも若々しく可愛い自分でありたいと願うアラフォー女性たちも密かに実践しているようなのだが…。

「小学生の時から奥二重がコンプレックスだった」と語るスミコさん(35歳)は、とにかく目を大きく見せたいため、アイライナーとつけまが手放せない。
続きはこちら

“ぱっつん前髪”は男ウケが悪いって本当!?

猛暑日が続く今夏、伸ばしかけの髪がうっとうしくなり美容院に駆込んだミワさん(35歳/イベント会社勤務)。女性のヘアスタイリストさんに「前髪バッサリ切っちゃいましょうか?」と言われ、なんとなく勢いでぱっつん前髪にしてしまったという。
続きはこちら

ご無沙汰恋愛で自分の“メス臭”に参ってしまったこと

昨年、仲間由紀恵主演の『恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方』(TBS/2012年)というドラマが放送されていた。内容はタイトル通り、恋の仕方をすっかり忘れてしまったいい大人の男女たちが、くすぶりながら焦れったい恋愛模様を繰り広げていく内容だったと記憶している。主演の仲間は、彼氏いない歴8年目突入中の32歳独身女の役で、設定としてはリアルであった。
続きはこちら

男のパワーストーンブレスに賛否を問う!

開運グッズとして不動の人気を集めているパワーストーン。そのなかでもパワーストーンブレスレットは女性たちの間で気軽に購入できる開運オシャレアイテムのひとつだ。恋愛運、金運、仕事運、健康運アップ、魔除けなどに効果があるとされているようだが、実際のところ、効果の有無は人それぞれで正直よく分からない。
続きはこちら

男子が注目しているのは女子力より主婦力だった?!

近年“女子力”という言葉をよく聞く。単なる造語かと思いきや、その言葉は辞書にまで収録されているから驚きだ。大辞泉によると、【きらきらと輝いた生き方をしている女性が持つ力。
続きはこちら


独女検索







独女通信ライター <50音順>
石黒マミ

石黒マミ

まぎれもないアラサー、まぎれもない独女。

伊藤雅子

伊藤雅子

社会人10年目にして占星術家としても活動する独女。

おおしまりえ

おおしまりえ

水商売で鍛えた観察眼で、女性向け記事を執筆中。

小鳥居ゆき

小鳥居ゆき

マンガとゾンビ映画と旅行が好き。フリーランスの三十路ライター。

外山ゆひら

外山ゆひら

心や生き方に関する記事多めのライター。恋愛相談コラムや作品レビューなども。

non

non

今でもテレビっ子のフリーライター。

橋口まどか

橋口まどか

体を張った体験取材が得意。趣味は料理とサッカー観戦。

パンチ広沢

パンチ広沢

得意ジャンルはAKB48とグルメ。まだ食べ盛りのフリーライター。

来布十和

来布十和

2002年よりフリーランスに。30代独女のモテ道を研究する日々。

恋愛ウォッチャーaYa

恋愛ウォッチャーaYa

街コン・合コン・婚活パーティーなど数々の出会いの場に出現・発信中。